PR

ニュース 経済

文教大学情報システム学科の学生が企業とシステムを共同開発「第12回 オートモーティブワールド」に出展

文教大学

 文教大学情報学部情報システム学科の川合康央ゼミナールは、1月15日(水)~17(金)に東京ビッグサイト青海展示棟で開催される「第12回 オートモーティブワールド」にて、株式会社PALTEKおよび株式会社ネクスティエレクトロニクスと共同開発したシステムを出展します。

 情報学部情報システム学科の川合康央ゼミナールは、株式会社PALTEK、株式会社ネクスティエレクトロニクスとシステムを共同開発し、1月15日(水)から17日(金)まで東京ビッグサイト青海展示棟で開催される「第12回 オートモーティブワールド」にて展示します。

 このシステムは、「LUX(*1)シミュレーションシステム」と呼ばれ、自動運転車や電気自動車のシミュレーションに必要な仮想空間を、国土地理院のオープンデータとゲームエンジンUnrealEngineを用いて、正確に再現したものです。

 *1 Landscape User Experience

 今年度、「人とくるまのテクノロジー展」や「名古屋カーエレクトロニクス技術展」に出展してきた外界モデル(Landscape-UX)を、PALTEK社製のハードウェアエミュレーター(白虎)と組み合わせることによって、低コストで実用性のあるドライビングシミュレータを実現しました。

 これらのシステムは東京ゲームショウ(2019年9月開催)でも展示され、エンジニアから子供まで幅広い来場者から好評を博しました。

 ■第12回 オートモーティブワールド 詳細

 会 期:2020年1月15日(水)~1月17日(金)

 開場時間:10:00~18:00(17日のみ17時終了)

 会 場:東京ビッグサイト 青海展示棟

 ブ ー ス:A11-42

 参考 URL:https://www.car-ele.jp/ja-jp.html

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ