PR

ニュース 経済

災害時も安心な「オフグリッドの生活」が初期費用0円で実現。「ZEROレジ」スタート

TEPCOホームテック株式会社

 太陽光と蓄電池の定額利用サービス開始

 株式会社ヤマダホームズ(本社:群馬県高崎市、代表取締役社長:増田文彦、以下ヤマダホームズ)は、東京電力グループの TEPCOホームテック株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:岩崎辰之、以下TEPCOホームテック)と協働し、太陽光発電システムとAIオフグリッドシステム蓄電池を、初期費用ゼロ、月々定額で利用可能な「ZEROレジ」の提供を、2020年1月20日(月)より開始いたします。

■「ZEROレジ」の概要

 「ZEROレジ」は、TEPCOホームテックが提供する「エネカリ」スキームを利用し、太陽光発電システムとAIオフグリッド蓄電池を初期費用の負担なく、毎月定額の利用料を支払うことでご自宅に導入できる新しいサービスです.

 <ZEROレジの特長>

 ・初期費用0円で、太陽光発電システムとAIオフグリッド蓄電池がセットで導入可能です。

 ・新築でもリフォームでもご利用が可能です。

 ・家庭のエネルギーを「創る」「蓄える」「省エネする」ことで、エネルギー消費量を抑制します。

 ・もしもの災害時も安心。予期せぬ停電にも、電気製品を利用することが可能です。

 ・毎月、定額利用料をお支払い。故障時も保証がついて安心です。

 ・24時間365日 コールセンターが安心サポートいたします。

 ・利用期間満了後は、無償譲渡いたします。または、最新機器に交換して再度契約することも可能です。

 ・電力会社の制限はありません。全国対応(一部地域を除く。)可能です。

■オフグリッド生活を実現可能とする「 AI オフグリッドシステム蓄電池」

 一般的な太陽光発電システムは、太陽光で発電した電力を家庭で使い、余った電力は電力会社に売電します。

 オフグリット蓄電池は、余った電力を売ることなく蓄電池に充電し、発電が行われない夜間や、災害による

 停電時に備え、光熱費 0 円住宅を目指します。

■「 所有から利用へ 」 新しいエネルギー利用サービス 「 ZERO レジ 」

 従来、エネルギー機器・省エネ機器は、購入するために高額な初期費用が必要であり、普及が進まない要因にもなっています。TEPCOホームテックでは、「所有から利用へ」価値転換を図り、イニシャルコストを抑えながらも、省エネのメリットと安心を実感いただけるサービスをご提供しています。

 両社は、今後も再生可能エネルギーの普及、エネルギー消費量の抑制、災害時のお客さまの電力レジリエンス向上を目指し、快適で安心安全な住環境向上に貢献してまいります。

 【株式会社ヤマダホームズについて】

 商号:株式会社 ヤマダホームズ (英文名: YAMADA HOMES CO., LTD.)

 設立日:1951 年 6 月 14 日

 所在地:群馬県高崎市栄町 1 番 1 号

 電話:027‐ 310‐ 2244 (代表)

 ホームページ:https://yamadahomes.jp/

 代表者:代表取締役社長  増田 文彦

 【TEPCO ホームテック株式会社について】

 商号:TEPCO ホームテック株式会社 (英文名: TEPCO HomeTech, Inc.)

 設立日:2017 年 8 月 9 日

 所在地:東京都墨田区太平 4 1 3 オリナスタワー 12 階

 電話:03‐6847‐2004 (代表)

 ホームページ:https://www.tepco-ht.co.jp/

 代表者:代表取締役社長  岩崎 辰之

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ