PR

ニュース 経済

SHOWROOMオーディションから大女優へ!カンテレドラマ『エ・キ・ス・ト・ラ!!!』と初コラボ

SHOWROOM株式会社

SHOWROOM株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:前田裕二)が運営する仮想ライブ空間「SHOWROOM」において、深夜ドラマ『エ・キ・ス・ト・ラ!!!』の出演権をかけた「関西地上波TVドラマ出演オーディション!」を実施。本オーディションで選ばれた3人の新人女優が出演。

 同作は、間宮祥太朗や橋本マナミ、松尾諭、ニッチェ江上、筧美和子、笠松将、渡辺哲が各話の主人公ゲストとして個性豊かなエキストラに扮し、新進気鋭の劇作家がエキストラ達の熱き人間ドラマとして描く話題作。「ドラマに欠かせない存在=エキストラ」が主人公となる異色ドラマならではの新たな取り組みに業界の注目が集まっている。

 11月12日(火)~25日(月)の2週間にわたって実施されたSHOWROOM上でのオーディション「関西地上波TVドラマ出演オーディション!」今回は女性のみの募集で38人が参加。すでに人気の配信者はもちろん、配信をスタートしたばかりの新人まで、SHOWROOM登録済の公式配信者がエントリーした。期間中はそれぞれファンに対して自己アピールや、オリジナルの演技披露などで最終審査進出を目指した。結果、最終審査はランキング上位と審査員特別賞で選出された6名が勝ち抜き、相手役との実技審査、演出を担当するドラマ監督による質疑応答など本格的なオーディションが行われた。

実技審査

 ドラマ出演が決定したのは、「SHOWROOM」内で配信を続ける高島ひな(18)、ひらだてまさき(21)、池山智瑛(28)の3人。いずれもSHOWROOM内では人気の配信者だが、本格的なドラマオーディションは初めてとのこと。グランプリは、SHOWROOMのトップランカー(=人気配信者)の1人である高島ひなが獲得。今回のオーディションでついに大きなチャンスをつかんだ。

審査の様子

 最終審査で審査用台本にもとづいたADになりきった服装や熱演が高く評価された高島ひなは、今後、ドラマ『エ・キ・ス・ト・ラ!!!』第7話に出演予定。同作の主人公ゲストを務めるベテラン俳優・渡辺哲を相手に、長セリフにも初挑戦した。オーディションで見せた高島ひなの才能の花。今作ではどんな姿を見せるのか注目だ。

高島ひな

 審査には、三浦春馬主演『TWO WEEKS』(2019年放送 カンテレ・フジテレビ系全国ネット)の岡光寛子プロデューサー(カンテレ)、阿部寛主演『まだ結婚できない男』(2019年放送 カンテレ・フジテレビ系全国ネット)の米田孝プロデューサー(カンテレ)が参加し、SHOWROOM配信者だけでなく視聴ユーザーともコミュニケーションをとって最終審査へ進出できる審査員特別賞を選出した。

 岡光プロデューサーは「SHOWROOMの配信を通じて“素”の表情・雰囲気はわかっていたので、最終審査では演技のチェックに専念して審査させていただきました」と語り、米田プロデューサーは「SHOWROOMの配信同様に、最終審査でもあまり演じすぎないのもポイントですね」と俳優志望者へのアドバイスを贈った。

 今回、関西テレビは新たな才能を発掘する目的でSHOWROOMとの連動オーディションを企画したが、今後は深夜ドラマに限らず、幅広いカテゴリーでSHOWROOMオーディションを企画中とのこと。SHOWROOM発!WEBオーディションをきっかけにした大女優誕生に今後期待したい。

 <作品概要>

 【タイトル】

 エ・キ・ス・ト・ラ!!!

 【放送枠】

 2020年1月16日スタート 毎週木曜深夜0:55~1:25 (関西ローカル)

 全10話

 【配信】

 キャチアップサービス カンテレドーガ、Tver、GYAOにて放送翌日配信開始

 【出演】

 <各話の主人公/ゲスト>

 1話:間宮祥太朗 2話:橋本マナミ 3話:松尾諭 4話:江上敬子(ニッチェ)

 5話:筧美和子 6話:笠松将 7話:渡辺哲 (8話~10話はレギュラーキャストのストーリー)

 <レギュラーキャスト>

 吉村界人 山谷花純 水上京香 芹澤興人 中林大樹

 【企画】

 岸本鮎佳

 【脚本】

 岸本鮎佳 モラル ニシオカ・ト・ニール

 【音楽】

 小田切大

 【プロデュース】

 米田孝(カンテレ) 岡光寛子(カンテレ) 清家優輝(ファインエンターテイメント)

 【演出】

 熊坂出 古畑耕平 片山雄一

 【制作協力】

 ファインエンターテイメント

 【制作著作】

 カンテレ

 【ドラマURL】

https://www.ktv.jp/extra/

 【SHOWROOM】

https://www.showroom-live.com/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ