PR

ニュース 経済

LINE、新たな動画広告「Talk Head View」の正式提供を開始国内最大規模のリーチを可能にLINEアプリ最大のアクセスを誇るトークリスト最上部に1日1社限定配信

LINE株式会社

 24時間で5,000万人以上のLINEユーザーに、15歳~29歳においては90%以上にリーチが可能

 LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が提供する法人向けマーケティングソリューションとして、「LINE」アプリのトークリスト最上部に動画広告を配信できる新サービス「Talk Head View」の正式提供を開始しましたので、お知らせいたします。

 LINEでは2019年より、「LINE」アプリのトークリスト最上部におすすめのニュース記事や天気予報、路線情報などLINEサービスの様々な情報から個々のユーザーに合わせた情報をピックアップしてお届けする「Smart Channel」を提供しており、LINE広告(旧LINE Ads Platform)の配信面としても多くの広告主様にご活用いただいてまいりました。

 この度、このトークリスト最上部に動画広告を配信できる新サービス「Talk Head View」の正式提供を開始いたします。

■トークリスト最上部への動画広告配信により、国内最大級のリーチを可能に

 「Talk Head View」は、「LINE」アプリのトークリスト最上部への広告配信により、国内最大級のリーチを可能にする動画広告です。1日1社に限定し配信を行い、表示された静止画広告をユーザーがタップすることでエキスパンドされた動画広告が再生されます。正式提供に先がけ2019年7月~12月の期間中に行った先行提供では、24時間で5,000万人以上のLINEユーザーへ、15歳~29歳においては90%以上のユーザーへのリーチを実現いたしました。

 「Talk Head View」配信イメージ

 配信時には、月間8,200万人超*のLINEユーザーすべてへの配信のほか、リーチしたいターゲットとボリュームに合わせたターゲティング配信も可能で、効率的かつ大規模なマーケティングを実現できます。*2019年9月末時点

 LINEでは、今後も様々なメニュー提供やプラットフォームの改善を継続的に実現することで、企業とユーザーの双方にとって価値ある情報接点を提供し、コミュニケーションインフラとして多様な活用の可能性を広げてまいります。

 「Talk Head View」の詳細はこちら:https://www.linebiz.com/jp/service/talk-head-view/

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ