PR

ニュース 経済

経常黒字1兆4368億円 元年11月、75%増

財務省の外観=東京・霞が関(桐原正道撮影)
財務省の外観=東京・霞が関(桐原正道撮影)

 財務省が14日発表した2019年11月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は、前年同月比75・0%増の1兆4368億円だった。黒字は65カ月連続。

 経常収支のうち、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は25億円の赤字。輸出は10・2%減の6兆2442億円、輸入は16・6%減の6兆2466億円だった。

 旅行や貨物輸送を含むサービス収支は1630億円の黒字となった。

 海外投資で生じた利子や配当の動向を表す第1次所得収支の黒字は0・1%増の1兆4575億円だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ