PR

ニュース 経済

人民元、5カ月半ぶり高値 米中署名控え買い戻し

 13日の中国・上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで上昇し、通常取引の終値(日本時間午後5時半現在)が前週末比0・50%高の1ドル=6・8942元をつけた。昨年7月末以来、約5カ月半ぶりの元高水準。

 米中貿易協議の「第1段階」合意署名を控え、市場では警戒感が和らぎ、元を買い戻す動きが広がっている。

 中国人民銀行(中央銀行)は13日朝、人民元取引の対ドル相場の基準値を1ドル=6・9263元と前日の基準値より0・13%元高に設定していた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ