PR

ニュース 経済

【日本初】相場価格の1/2が実現!新世代のダイヤモンドECサイトがリリース!ピュアダイヤ取り扱いをラボグロウンダイヤモンドショップが開始!

Carillon Holdings Limited

 数億円する超希少なブルーダイヤモンドもわずか数百万円で提供可能に!ジュエリー業界の未来を担う新ECサイトの正体を明かす

 通常相場の1/2の価格でダイヤモンド提供を可能とした、世界初のECサイト「Lab Grown Diamond Shop」の日本語サイトをCarillon Holdings Limited(本社:香港 CEO:Yohei Akihisa)から12月28日リリースします。日本初のラボグロウンダイヤモンドルース「ピュアダイヤモンド」をも取り扱う、業界から大注目のECサイトです。今までは数億円していた超希少なカラーダイヤモンドも、一般的に買えるような価格で提供する予定となっています。このECサイトで扱うダイヤモンドは、「ラボグロウンダイヤモンド」と呼ばれる新世代のダイヤモンド。新世代のダイヤモンドの正体、そして世界初のラボグロウンダイヤモンドを扱うECサイトの内容について明かします!

ーラボグロウンダイヤモンド専門ECサイト「Lab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)」をリリース

 「Lab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)」を運営するCarillon Holdings Limited(本社:香港 CEO:Yohei Akihisa)は日本初のラボグロウンダイヤモンドルース Pure Diamond(ピュアダイヤモンド)と一部在庫提携し、より「美しい」「大きい」「低価格」のエシカルな新時代のダイヤモンドをグローバル向けECサイトにて提供。

 「ルースでプロポーズし指輪選びはパートナー」「ルースからペンダント、指輪などオリジナルジュエリーにカスタマイズ」など様々なシーンに対応。

 当サイトでは高品質な鑑定書付き無色、希少性の高いファンシーカラーのピュアダイヤモンドを取り扱う。

 代表のコメント

 「今、世界では、論理的に作られたプロダクト「エシカルプロダクト」に対するニーズが高まっており、環境配慮や社会問題を解決するラボグロウンダイヤモンドの需要が急激に伸びています。米国では多くのセレブが愛用し、どの店舗にも当然のように取り扱いがあります。個体自体に誕生日があったりここ数年で日本でもより天然との選択肢としてエシカルなラボグロウンダイヤモンドが一般化されるでしょう。」

 Carillon Holdings Limited - CEO Yohei Akihisa

 1995年東京都生まれ 4年間の海外滞在から帰国後、米国向けに健康着衣ブランド「JAPAN SOLUTIONS」を自ら立ち上げる。半年後には月売上5万ドルを超え、2017年に日本向け単品通販事業で法人化。同年に香港へ拠点を移し事業売却を経験。マーケティングを得意としその後、健康ウェブメディア、オンラインゲームやマッチングアプリなどをリリース。縁がありジュエリーの貿易業に携わる中、「ラボグロウンダイヤモンド」に出会い、その美しさと可能性に強く魅了され古いダイヤモンドを変えるべく業界へ参入。

ーそもそもラボグロウンダイヤモンドとは何なのか?

 まずは、ラボグロウンダイヤモンドとは何なのかについて紹介します。

※ラボグロウンダイヤモンドに関してはLab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)のLPページでも紹介しています

https://labgrown-diamond.jp/labgrowndiamond

 ラボグロウンダイヤモンドは、直訳すると「研究所で育てられたダイヤモンド」という意味。

 最先端の技術による、完全にコントロールされた環境下で結晶化したダイヤモンドのことです。

1.01カラット ピュアダイヤモンド

 人工的に生成されたダイヤモンドとしては、キュービックジルコニアなどの模造石・類似石が知られていますが、ラボグロウンダイヤモンドはそれらと全く異なります。

 たしかに、ラボグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドが生み出される環境を再現して作られたダイヤモンドです。

 しかし、その違いは、天然によってできた環境か、それとも最新テクノロジーによって生成された環境であるかの違いのみ。

 完全に同じ成分・特徴を持っており、業界では本物のダイヤモンドとして認められています。

 実際に、世界的鑑定機関である「GIA」「IGI」などからも、正式に鑑定書が発行されます。

※GIAとは、公共の利益を目的とした非営利の研究機関。ダイヤモンド、カラーストーン、真珠に関する世界的権威として認められています。

ーラボグロウンダイヤモンドはどのようにして結晶化するのか?

 ちなみに、みなさんは天然ダイヤモンドがどのようにして、できているかをご存知でしょうか?

 天然ダイヤモンドは、地中奥深く高温高圧のごく限られた環境でしか生成されません。

 この限られた環境を、最新テクノロジーである「CVD(化学気相蒸着法)」や「 HPHT (高温高圧法)」と呼ばれる技術を応用することで再現し、高い透明度を誇るダイヤモンドを結晶化させます。

 通常の天然ダイヤモンドは、自然環境の様々な要因に左右されてしまうため、どうしても純度が安定していません。

 純度は、ダイヤモンドの美しさに直結するため、純度が高いダイヤモンドは非常に高値で取引されています。

 しかし、ラボグロウンダイヤモンドは、安定して純度が高いダイヤモンドを結晶化させることができるため、注目されている理由の一つとなっているのです。

ー”世界を変える”と言われているエシカルなラボグロウンダイヤモンド

 ラボグロウンダイヤモンドが注目されている理由は、単に手に入れやすく美しいだけではありません。

 ラボグロウンダイヤモンドは、現在の天然ダイヤモンドが抱えている2つの問題を解決するとされているのです。

 一体、どういうことなのか?具体的に見ていきましょう。

ラボグロウンダイヤモンドは環境破壊を起こさない

 まずは、こちらの写真をご覧ください。

 これは、ダイヤモンド採掘のために掘られた巨大な穴です。

 これだけ大きな穴を掘ったのですから、ダイヤモンドがたくさん採掘できたと思いますよね…?

 しかし、実はこれだけの穴を掘って採掘されたダイヤモンドは、極々わずかなのです。

 良質のダイヤモンドをたった1グラム採取するためには、1トンを超える土を掘り返すことがあるといいます。地球上には、ダイヤモンドのせいでこんな穴がたくさん掘られているのです。

 穴を掘るためには、元々そこにあった自然を破壊するしかありません。さらに、この穴は土壌汚染などにもつながります。

 しかし、ラボグロウンダイヤモンドが普及すれば、必然的にこれまで天然ダイヤモンドを買っていた人たちは、ラボグロウンダイヤモンドを買うようになるでしょう。

 そうすれば、そもそも天然ダイヤモンドを大量に採掘する必要がなくなり、こんな巨大な穴を無数に掘る必要もなくなるということです。

ダイヤモンドを巡った紛争を防ぐ

 天然ダイヤモンドが引き起こしている2つ目の問題は、紛争です。

 天然ダイヤモンドは時折、ある特定の地域で採掘されたものに限り「ブラッド・ダイヤモンド」と呼ばれます。

 天然ダイヤモンドが、紛争の火種となっていることから、ブラッド・ダイヤモンドと呼ばれているのは、容易に想像が付きます。レオナルドディカプリオ主演の「ブラッドダイヤモンド」、その悲惨さは映画にもなりました。

 そもそも、なぜ天然ダイヤモンドが紛争の火種となっているのか?不思議ですよね。

 実は、天然ダイヤモンドの多くが、アメリカや中国といった先進国ではなく、発展途上国で採掘されています。

 発展途上国では、自国で採掘した天然ダイヤモンドを先進国に高値で売ることで、資金を得ていることもしばしば。

 つまり紛争が起こっている地域では、天然ダイヤモンドが武器を手に入れるための資金となり、さらに資金を得るために天然ダイヤモンドの奪い合いにも発展してしまいます。

 このようにして、世界のあらゆるところで、天然ダイヤモンドを巡った争いが起きているのです。

 そこで、アメリカなどの先進国では、紛争に関わっていないクリアなダイヤモンドを普及させようと、大富豪やハリウッドスターが好んで着用する時代になってきています。

ーより安く、より大きく、より純粋なエシカルダイヤモンドの時代へ

 ラボグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドのおよそ1/2の価格で取引されています。

 同じ本物のダイヤモンドでありながら、これほどの価格差があれば、ラボグロウンダイヤモンドを買わない理由はないでしょう。

 また、これまでサイズの大きなダイヤモンドを入手することは大変難しいことでした。

 婚約指輪などにもよく使われるダイヤモンドですが、今までだと、満足のいく大きさのダイヤモンドをつけるためには、多額のお金が必要だったためです。

 しかし、ラボグロウンダイヤモンドであれば、今まで通りの小さいダイヤモンドであれば、よりリーズナブルな価格で入手することができます。

 また、今までと同様の価格で、より大きなダイヤモンドを入手することができるのです。

 そんな、ラボグロウンダイヤモンドは、今後、ミレニアム世代に大きく普及していくだろうと予想されています。(※ミレニアム世代とは、1980年代から2000年代初頭までに生まれた人のこと。)

ー日本語サイトがリリースされる新ECサイト「Lab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)」について

 Lab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)で注目して欲しいのは、その画期的な提供方法です。

 この度、Lab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)からリリースされるピュアダイヤは大きく分けて2つに分かれます。

 1つ目は、みなさんが「ダイヤモンド」と言われてイメージする透明なダイヤモンドです。

 そして、2つ目が、本物を見たことがある人はほとんどいないとされているファンシーカラーです。

 ファンシーカラーに関しては、より美しい個体は小さいものでも数億すると言われており、また一般には流通されず取引されています。

 しかし、そんなファンシーカラーもLab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)にて取り扱い。

 4Cの段階ごとに価格設定がなされており、それぞれ天然ダイヤモンドよりリーズナブルな価格でお買い求めいただけます。

ー購入したルースを元に、指輪やペンダントにカスタマイズ!

 基本的に、Lab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)で購入できるのは、「ルース」と呼ばれるダイヤモンドの裸石そのものです。

 そのダイヤモンドを自分が好きなデザインのペンダントや指輪に埋め込めるのが、ルースの魅力になります。

 とは言え、初めからペンダントや指輪になっている完成形の商品を購入したいという方もいるでしょう。

 そんな方に向けて、Lab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)では、指輪とペンダントそれぞれのカスタマイズのオプションも実装予定しています。

ーオンラインで全てを完結できる

 Lab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)が販売するピュアダイヤモンドは、ネット上で全ての手続を完了し、購入することができます。

 通常、店舗に行って買うのが当たり前だったダイヤモンドですが、「忙しくてどうしても行く時間がない」「店舗だと雰囲気的に選びづらい」なんてことを感じている方もいるでしょう。

 さらに、鑑定書付きラボグロウンダイヤモンドは、まだ全国の店舗に流通させられるほどの数はなく、供給が需要に追いついていない状態です。

 そのため、店舗で購入するとなると、自分が希望するダイヤモンドを見つけられる可能性は低いでしょう。

 しかしLab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)では、在庫をネットで一括管理することにより、全国の人へ、その人が欲しいラボグロウンダイヤモンドを届けることが可能です。

ー12月28日から数量限定で発売開始予定!

 ラボグロウンダイヤモンドは、日本テレビ「テレビバ」「news zero」、TBS「がっちりマンデー」、テレビ東京「日経スペシャル 未来世紀ジパング」などの番組でも放送。

 そんな話題を集めているLab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)が扱うラボグロウダイヤモンドは、年始から本格的に日本でも発売開始されます。

 高品質なものしか扱わないポリシーの関係で在庫がわずかな数量しかないため、ファンシーカラーは数日での完売が濃厚です。

 本日から、年始に向けて各メディアに情報を出すため、TwitterやInstagram、LINE@のチェックも忘れずにフォローしてください。

 特に、LINE@では年始の発売に向けてクーポン配布や重要な配布をする予定なので要チェックです。

 LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40559xoshn

 Twitter→https://twitter.com/grown_diamonds

 Instagram→https://www.instagram.com/labgrown.diamond/

※ラボグロウンダイヤモンドに関してはLab Grown Diamond Shop(ラボグロウンダイヤモンドショップ)のLPページでも紹介しています

https://labgrown-diamond.jp/labgrowndiamond

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ