PR

ニュース 経済

法人向けプラチナ、ブラックカードはなぜ伸びる? 昨対3倍成長のラグジュアリーカード

 ゴールドカードでも年会費が無料のものもあるなか、プラチナカード、ブラックカードと呼ばれる高級クレジットカードが、存在感を増してきている。注目なのが、ビジネスカードと呼ばれる法人向けのクレジットカードだ。

 2016年に国内でサービスを開始したラグジュアリーカードは、プラスチックではなく金属製のカードを使うのが特徴。そして、17年11月に開始した法人向けカードは、前年比3倍近くまで成長しているという。同社の林ハミルトン社長、経営業務本部長の岩瀬太郎氏に聞いた。

チタン、ブラック、ゴールドともにステンレススチールを使ったラグジュアリーカード。裏面にはカーボンコート、ゴールドの表面には24金を使用
チタン、ブラック、ゴールドともにステンレススチールを使ったラグジュアリーカード。裏面にはカーボンコート、ゴールドの表面には24金を使用
その他の写真を見る(1/5枚)

 --高級クレジットカードであるプラチナカードやブラックカードは年会費が高額だ。ラグジュアリーカードでも、チタンカードは5万円(税抜)、ブラックカードは10万円(税抜)となっている。

 林 年会費の額で判断するというより、どのようなメリットがあるかで選ばれている。ラグジュアリーカードの定番は(年会費10万円の)ブラックカードだ。日本では黒がプレミアムのイメージもある。5万円のチタンカードの倍だが、倍以上のメリットが付いてくる。

 --申し込まれる方の属性はどのようなものなのか。

 林 比較的年収が高い方たちだ。最近では法人需要が高く、中小企業のオーナーが非常に多い。法人カードでは、会社の費用をすべて決済したいと、年間数千万円を使う人もいる。ラグジュアリーカードのゴールドの場合、キャッシュバックが1.5%、商品に交換なら3.3%と還元率が高いのでメリットがある。

チタン、ブラック、ゴールドともにステンレススチールを使ったラグジュアリーカード。裏面にはカーボンコート、ゴールドの表面には24金を使用
チタン、ブラック、ゴールドともにステンレススチールを使ったラグジュアリーカード。裏面にはカーボンコート、ゴールドの表面には24金を使用
その他の写真を見る(2/5枚)

 --ラグジュアリーカードは2008年に米国でスタートし、海外初進出が日本だ。なぜ日本を選んだのか。日米での高級カード市場の違いはどんなところがあるか。

 林 最初から日本を予定していた。富裕層マーケットは、米国、中国、日本が大きい。この3カ国を狙いたい。日本と中国は、いずれも新しいカード事業を始めるのが難しい。中国は外資系ブランドの参入が難しく、日本ではこれまでも外資系がチャレンジしてきたが、簡単には成功できない。

 これまでの外資系カード会社は、日本マーケットのニーズが全体的に理解できていなかったのではないか。外資はグローバルでビジネスモデルを展開している。「米国ではできているのに、どうして日本でできないのか」といわれる。日本は、ユニークな国だ。それを理解したうえで、サービスを提供しなくてはいけない。

 ラグジュアリーカードでも、米国ではトラベル系の優待が中心になっている。中国では、ウェルネス(健康管理系サービス)が富裕層にとっての課題だ。日本は、ダイニング、グルメにこだわっている国だ。圧倒的に、ダイニング系のニーズが多く、レストラン予約などのリクエストが多い。

 --いわゆるプラチナカード以上のクレジットカードでは、レストランや旅行の手配をしてくれるコンシェルジュサービスが特徴だ。ラグジュアリーカードのチタン、ブラックでは?

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ