PR

ニュース 経済

スズキ、新型ハスラー6年ぶり2代目、初の全面改良 室内空間拡大

公開された新型「ハスラー」=24日、東京都渋谷区(鈴木健児撮影)
公開された新型「ハスラー」=24日、東京都渋谷区(鈴木健児撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 スズキは24日、軽自動車「ハスラー」を平成26年の初代販売開始以来初めて全面改良し、来年1月20日に発売すると発表した。初代はスポーツ用多目的車(SUV)とワゴンの中間的な「クロスオーバー」といわれる新ジャンルを軽で開拓してヒットしたが、2代目は室内空間拡大や先進安全機能強化などによる使い勝手と、アウトドアをイメージしたデザイン性をさらに強化。軽市場では各社の新型車投入が相次いでおり、今後も活気づきそうだ。

 2代目ハスラーは、最近人気のSUVデザインの傾向から、外見をあえて角ばらせつつ内装をカラフルにし、楽しさのあるデザインにした。一方で室内空間拡大や収納力向上で使い勝手を高めた。また、小型モーターと電池、エンジンを組み合わせてパワーと燃費を向上させた「マイルドハイブリッドシステム」を全グレードに搭載。スズキ軽で初となる前方車追従機能をはじめとした先進安全装備の拡充など「全方位で商品力を向上させた」(担当者)。価格は136万5100円からと初代より約1万7千円増に抑えた。

 軽はかつて、パワーや安全性などで普通車より劣るとみられていたが、居住性の高さや性能向上、維持コストの低さなどから近年は、車種別販売台数ランキングで上位を占める。

 ホンダの「N-BOX」は平成29年9月以来、2年2カ月にわたって首位を独走していたが、ダイハツ工業が今夏投入した「タント」新型が11月に約5年ぶりに首位を奪還。日産自動車や三菱自動車も春に全面改良しており、人気を集める。

 そんな中、初代ハスラーは発売5年を過ぎた今も月4千~6千台の根強い人気を持ち、独自の地位を築いてきた。だが今年3月、三菱自がハスラーと同じくクロスオーバーと銘打った「eKクロス」を発売。ダイハツも来年半ばにも新型の軽クロスオーバーを発売予定といい、競争は激化しつつある。

 スズキの鈴木俊宏社長は24日、東京都内での発表会でこう語った。

 「切磋琢磨(せっさたくま)して市場が拡大していけばいい」(今村義丈)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ