PR

ニュース 経済

日本郵政と郵便に報告命令 総務相、かんぽ不正問題で

閣議に臨む(左から)安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相、高市早苗総務相=日午前、首相官邸(春名中撮影)=17日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む(左から)安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相、高市早苗総務相=日午前、首相官邸(春名中撮影)=17日午前、首相官邸(春名中撮影)

 高市早苗総務相は17日の閣議後記者会見で、かんぽ生命保険の不正販売問題を巡り、かんぽ生命の親会社である日本郵政と、保険を販売した日本郵便に対し、原因分析や再発防止策などを報告するよう13日に命令を出したと明らかにした。期限は23日まで。高市氏は「報告内容を踏まえて適切に対応する」と述べた。

 日本郵政グループの社内調査の結果、法令や社内規定に違反した疑いのある契約は15日時点で1万2836件となり、これまで公表していた6327件から倍増した。

 金融庁はかんぽ生命保険と日本郵便に対し、27日にも保険業法に基づき、保険販売など一部の業務停止命令を出す方向で検討している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ