PR

ニュース 経済

明治安田、認知症保険を2月発売へ スマホで早期発見、重症化予防

 明治安田生命保険の根岸秋男社長は13日までに、産経新聞のインタビューに応じ、来年2月にも認知症保険を投入する計画を明らかにした。スマートフォンに入れたアプリを使って認知症の早期発見や重症化予防をサポートするサービスも提供する。国際社会の地球温暖化問題への関心が高まる中、来年1月から石炭火力発電所への融資から完全撤退する方針も表明した。

 認知症保険は、軽度認知障害の診断を受けた場合、さらに症状が進行して認知症の診断を受けた場合にそれぞれ保険金を給付する。契約者はそのお金を使って、重症化を遅らせるためのリハビリを受けることができる。

 営業職員が会社のスマホに入れたアプリを使って、顧客が軽度認知障害になるリスクを顧客と一緒にチェックする。リスクが認められれば、病院で診断を受けることを勧め、早期発見につなげる。

 「人生100年時代」の到来を受け、商品・サービス面から国民の健康作りを支える。根岸氏は「対面営業の力を使って、認知症の早期発見や重症化予防を応援していきたい」と語った。

 運用戦略面では、社会・経済の持続可能性に貢献する投融資を拡大する。

 金利環境については「低金利が10年続いたとしても適応できる運用戦略を作らないといけない」と危機感を口にした。具体的には、海外の社債や不動産など運用先の多様化を進める。(米沢文)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ