PR

ニュース 経済

今年の「中国の日本商品人気トレンド」で見えた“日本メーカー、勝負の分かれ目”

 インバウンド需要で大きなパイを占める、中華圏からの訪日客。2019年、中国人客の人気は日本のどの商品に集まったのか。中国向けマーケティング分析を手掛けるトレンドExpress(東京・千代田)が、中国人向けSNSの書き込みを分析した。一見、前年と似たランキング結果となったものの、今後の日本メーカーの中国市場戦略が問われる結果となった。

2019年はどんな日本の商品が中国人に受けた?(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)
2019年はどんな日本の商品が中国人に受けた?(写真はイメージ、提供:ゲッティイメージズ)
その他の写真を見る(1/4枚)

ランキング上位商品の顔触れは変わらず、だが……

 調査データはトレンドExpressが1~10月分の中国人向けSNS、ウェイボーへの投稿を集計して分析。日本の商品について「買った」という内容の口コミ約1019万件をもとに算出した。

中国SNSで「買った」口コミ件数が多かった日本の商品ランキングトップ20(トレンドExpressがウェイボーの投稿から分析)
中国SNSで「買った」口コミ件数が多かった日本の商品ランキングトップ20(トレンドExpressがウェイボーの投稿から分析)
その他の写真を見る(2/4枚)

 まず、「買った」という口コミが多かった日本の商品ランキングを算出したところ、前年に続き1位の「ピジョン 薬用ローション(ももの葉)」を始め、のどあめや美容系商品などが上位を占める結果に。4位の「サントリーシングルモルトウイスキー山崎」や、6位「白い恋人」など、比較的同じ商品が定番化していることが浮き彫りになった。

中国SNSの口コミからみた「買った」日本商品のカテゴリー比率(左が2019年、右は18年分。トレンドExpressがウェイボーの投稿から分析)
中国SNSの口コミからみた「買った」日本商品のカテゴリー比率(左が2019年、右は18年分。トレンドExpressがウェイボーの投稿から分析)
その他の写真を見る(3/4枚)

 商品別のカテゴリー別のシェアを18年と比較したところ、やはり「コスメ・美容」が首位で、次いで「衛生・健康」「医薬品」が並ぶ結果に。中国人に人気の日本商品のカテゴリーは、比率も含めほぼ一緒となった。

 トレンドExpressの担当者は「ランキング20位くらいまでの人気商品の上位陣は、定番化していてあまり変わらない傾向にある」とみる。一方で注目するのが、中国系SNSでつぶやかれる日本の商品の「アイテム数」が減少傾向にある点だ。

同じ定番商品に人気が「固定化」

 同社によると、中国SNS上で「日本商品を買った」という趣旨の口コミ件数自体は、年々増加している。半面、特徴的なのが「口コミされた日本の商品数」の減少傾向だ。17年には563商品だったのが、19年は486商品に減っている。

 口コミ件数自体が増加傾向にあることから、中国マーケットの日本商品への注目度は依然高まっていると言える。一方で中国人の関心は「日本の商品なら何でも」というよりは、特定の人気商品に集中する傾向にあるようだ。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ