PR

ニュース 経済

“物々交換”で車シェア「カローゼット」 電通子会社がアプリ開始 

 所有する車を貸し出した日数分だけほかの人の車を無料で借りられる、「物々交換」の考え方での新たなカーシェアリング事業を10日、電通の社内ベンチャーから生まれた「カローゼット」が全国で開始した。電通初のCtoC(個人間取引)サービスの100%子会社となるカローゼットの内藤丈裕社長は、東京都内での発表会で「互助の精神で、『所有』の価値を会員全体で高め合うまったく新しいサービス」と既存事業との違いを強調した。

 カローゼットはアプリによる会員間仲介システム。利用権は1日単位で、自分が車を貸した日数分しか付与されない。借りる場合は相手と対面で自分の車を代わりに預ける、まさに物々交換の形。車の所有者で、借りた車で事故を起こしたときも補償される「他車運転特約」付き自動車保険の加入者に限るなど会員資格を厳格化することで、安心・安全に配慮したという。

 利用の心理的ハードルを下げるため、自動車販売会社など「プロオーナー」の試乗車も登録されており、販売店に自分の車を預けることでも利用できる。利用権が足りない場合は後日の貸し出しを約束する「前借り」も可能。30日以内に貸せなければ、1日あたり4980円をカローゼットに払うことで清算する。カローゼット側はこの清算金と、システム利用料月額780円(来年5月までは無料)で利益を上げる考え。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ