PR

ニュース 経済

ディオール バックステージで作り上げるフューチャリスティック メイク

パルファン・クリスチャン・ディオール・ジャポン株式会社

 ディオール 2020メンズコレクション

 ディオール メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップスは、目元を強調して映画「ブレードランナー」のようなフューチャリスティックでサイバーパンクなルックをクリエイトしました。

 2019年12月3日(火)、ディオール フォール2020メンズコレクションがマイアミのルベルミュージアムにて開催されました。ディオールメンズコレクションのアーティスティックディレクター キム・ジョーンズは、クリスチャン・ディオールが1947年にデザインしたニュールックに着想を得て、本コレクションを発表しました。 メイクアップ クリエイティブ&イメージ ディレクターのピーター・フィリップスは、目元を強調して映画「ブレードランナー」のようなフューチャリスティックでサイバーパンクなルックをクリエイトしました。

MAKE-UP

 自然な美しさを際立たせるルックにするために、メンズ スキンケア「ディオール オム ダーモ システム」で、潤いに満ちたクリーンな肌に整えます。その後に、「ディオール バックステージ フェイス&ボディ プライマー」で、ナチュラルで透明感のあるベースを仕込みます。それから軽やかなテクスチャーで、ナチュラルな仕上がりの「ディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーション」で毛穴のないさらりとした肌に。カバーが必要なパーツには「ディオールスキン フォーエヴァー アンダーカバー コンシーラー」と「フラッシュ ルミナイザー」をプラスしています。

 眉は、直線的にすることで洗練さをプラスしました。「ディオールショウ ブロウ スタイラー」と「ディオールショウ パンプ&ブロウ」を使用しています。

 目周りにエアーブラシでイエローとグリーンを吹き付けたのが、今回のメイクのポイントです。カラフルでフューチャリスティック、そしてグラフィカルな目元がハットの影から飛び出すよう。最後に「ディオール アディクト リップ マキシマイザー」で唇に潤いを与え、艶をおさえて完成です。

使用アイテム

 ディオール オム ダーモ システム ローション / エマルジョン / リバイタライザー

 / マット コントロール

 ディオール バックステージ フェイス&ボディ プライマー

 ディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーション

 ディオールスキン フォーエヴァー アンダーカバー コンシーラー

 フラッシュ ルミナイザー

 ディオールショウ ブロウ スタイラー

 ディオールショウ パンプ&ブロウ

 ディオール アディクト リップ マキシマイザー 001

CREDITS

 FALL 2020 MEN’S COLLECTION BY DIOR, DIOR SHOW BACKSTAGE

 DIOR MAKE-UP CREATED AND STYLED BY PETER PHILIPS

 PHOTOGRAPHER: J’DEE ALLIN FOR CHRISTIAN DIOR PARFUMS

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ