PR

ニュース 経済

2020年2月15日(土)、テクノロジーで宇宙の未来を描く祭典WARP STATION Conference-Pre-を開催@つくばスタートアップパーク

株式会社ワープスペース

 宇宙を舞台にビジネスを展開するスタートアップ企業のトップたちが描くテクノロジーと宇宙の未来のかたち

 筑波大発の宇宙スタートアップ、株式会社ワープスペースは、2020年代に突入する今、「我々が描く未来の宇宙に、テクノロジーはどう関わるのか」をメインテーマに、宇宙スタートアップの最前線で活躍されている方々と議論する“WARP STATION Conference -Pre-”を開催いたします。宇宙で利用できるテクノロジーが加速度的に民主化されたことによって、過去10年間で宇宙産業のプレイヤーは爆発的に増加しました。そういった状況下、今後、テクノロジーとスタートアップは、宇宙と地球をどう再定義していくのか、日本の民間月探査のトップランナーのispace社や、今年7月に累計109億円を調達したSynspective社などの宇宙スタートアップのCTOやエンジニア、有識者の方々と議論していきます。加えて、ワープスペースの2020年からのビジョン発表も行います。

◆イベント概要◆

 日時:2020年2月15日(土) 13:00~17:30 ※12:30開場

 場所:つくばスタートアップパーク (茨城県つくば市吾妻2-5-1)  1Fつくばスタートアップカフェ

 つくばエクスプレス「つくば駅」A1出口より徒歩5分

 料金:無料 ※懇親会参加の方は会場で1,000円/人頂戴致します

 主催:株式会社ワープスペース

 後援:茨城県・つくば市

◆タイムテーブル◆

 ●13:00~13:40: 月に挑むエンジニアリングとは?(仮題)*当日メインセッション

 (メインスピーカー)株式会社ispace エンジニア 古友大輔 (聞き手)つくば市スタートアップ振興監 高瀬章充

 ●13:40~13:50: つくば市のテックベンチャー支援の施策紹介(仮題)

 (メインスピーカー)つくば市スタートアップ振興監 高瀬章充

 ●13:55~14:25: オープン株主総会~未上場ベンチャーなのに、公開株主総会(的)セッションしちゃいます。リアルな数字見せちゃいます~決算発表、事業計画発表、質疑応答

 ●14:30~15:15: 5Gと衛星間通信の対比、通信インフラの未来

 NTTドコモ 5G推進室 主任研究員 永田聡 とワープスペースCEO 常間地 による対談

 ●15:20~16:20: 宇宙スタートアップCTO/テックリード 対談

 (登壇者)株式会社ispace エンジニア 古友大輔 ・ 株式会社Synspective取締役 小畑俊裕 ・ 株式会社OUTSENCE CTO 石松慎太郎 ・ 株式会社ワープスペース CTO 永田晃大

 (ファシリテーター)SPACETIDE理事 青木英剛

 ●16:20~17:30: 交流会、ネットワーキング ポスターブース(出展社未定)

 詳細はイベント公式サイトをご覧ください:https://warpstation.space/

◆登壇者◆

 古友大輔 (ふるとも だいすけ)株式会社ispace エンジニア

 2002年より汎用ロボットとそれを利用した生産設備開発に従事。2007年から高性能自動車の開発に携わり、量産車では世界初となるブレーキシステムの市場投入を支援。その後2009年~6年間、国際宇宙ステーションのシステム機器、実験機器の開発を行う。地球と宇宙をつなぐ通信の多重化装置や生命科学ミッション機器、新材料創製実験機器などの開発を機械構造のリードエンジニアとして設計、製造、試験、フライト運用支援を実施。 日本初の軌道上試料保管温調システムの開発をエンジニアリングマネージャーとして参加。基本設計から製造、運用支援と上流から下流まで プロジェクトコントロール行う。 2012年からボランティアとしてHAKUTOプロジェクトに参加。 2015年よりispaceに転職し本格的にローバーの開発に携わる。 ローバー開発の中では、基本的な機能性能向上と信頼性向上を、設計、調達、製造、検査、試験を横断的に評価。コストと品質コントロールを行う。

 小畑俊裕(おばた としひろ)株式会社Synspective 取締役/衛星システム開発部門ゼネラルマネージャ

 1997年 三菱電機入社 鎌倉製作所配属。12種15機以上の衛星・ミッション機器の開発、運用を経験。

 2004年にAstrium社(現Airbus DS)のドイツFriedrichshafen工場に交換技術者として1年間滞在し、地球観測衛星TerraSAR-Xの開発に従事。

 2016年6月末 思い立って19年在籍した三菱電機を退社。東京大学研究員を経て現在、(株)Synspective 取締役/衛星システム開発部門ゼネラルマネージャ。

 もはや確たるものになりつつある宇宙利用拡大の大きなうねりの中に飛び込み、自らの力でさらに大きな潮流を起こせる喜びを実感する日々です。

 高瀬章充(たかせ あきみつ)つくば市スタートアップ振興監

 1988年福岡県生まれ。久留米工業高等専門学校を卒業後、筑波大学へ編入学。 大学院在学中、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)未踏クリエイターに採択。 FULLER株式会社を共同創業し、スマホアプリの実利用データを測るアプリ分析サービス「AppApe(アップ・エイプ)」をリリース。 2015年株式会社空を設立し、小型飛行機ビジネス「FunFlying」に着手。2017年株式会社カカクコムに入社。食べログの企画職として同社のサービスに携わる。

 2018年つくば市スタートアップ推進監に着任。「つくば市スタートアップ戦略」を策定し支援施策を実施中。

 永田聡(ながた さとし) NTTドコモ 5G推進室 主任研究員

 東京工業大学大学院理工学研究科博士前期過程修了後,NTTドコモ入社。

 入社後、LTE, LTE-Advancedの研究開発、標準化検討を進め、現在は5Gの標準化、研究開発に従事。

 2011年より3GPP TSG RAN WG1副議長、2013年より同RAN WG1議長、

 2017年より同RAN副議長を務める。

 石松慎太郎(いしまつ しんたろう)株式会社OUTSENSE CTO

 宇宙エレベーターにあこがれ建築学科に入学するが、入学後に建築学科では宇宙エレベーターを学べないことに気づき挫折。友人に、宇宙エレベーターにこだわらず、宇宙建築という広い分野に視野を広げることを勧められ宇宙建築学を志す。

 現在、日本の宇宙建築学の第一人者である東海大学の十亀昭人准教授の下、折り紙構造を用いた宇宙建築の研究に没頭する。OUTSENSEにて折り紙構造物の開発に携わる。

 青木英剛(あおき ひでたか) 一般社団法人SPACETIDE 共同創業者 兼 理事

 グローバル・ブレイン株式会社 パートナー

 米国にて修士号(航空宇宙工学)とパイロット免許を取得後、三菱電機にて宇宙船「こうのとり」を開発し、多くの賞を受賞。現在はベンチャーキャピタリストとして宇宙ベンチャー等の支援に従事。

 また、「宇宙エバンジェリスト」として民間主導の宇宙産業創出に貢献。 JAXAや政府委員会の委員等を多数歴任。

 永田晃大(ながた あきひろ)株式会社ワープスペース取締役CTO

 筑波大学工学システム学類・同大学院システム情報工学研究科在籍(JAXAにおいて研究中)。

 筑波大学衛星2号機ITF-2のプロジェクトリーダーとして、1号機の弱点を克服してミッションを成功に導いた。

 ソフトウェア・ハードウェアの双方に明るく、キューブサットの設計から開発、運用まで全てに携わった経験と知見を活かし、新時代のキューブサットの開発に注力。

 常間地悟(つねまち さとる) 株式会社ワープスペース取締役CEO

 2019年1月就任 筑波大学在学中(20歳)に最初の起業。これまでに4社の立ち上げに携わる。(うち1社はベトナム)

 主にITスタートアップ等の創業メンバー/役員として経営戦略、ブランディング、法務、財務等を主に担当。現在、マルチアントレプレナーとしても活動し、筑波大出身の経営者で組織するインキュベーション団体では理事として次代のスタートアップの育成をしている。2016年11月~2018年12月まで、当社社外取締役。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ