PR

ニュース 経済

国際機関日本アセアンセンターの事業統括長にロズィヤナハユ アブデゥ ラマンが着任

国際機関 日本アセアンセンター(東南アジア諸国連合貿易投資観光促進センター)

 国際機関日本アセアンセンター(所在地:東京都港区、事務総長:藤田正孝)において、ロズィヤナハユ アブデゥ ラマン(ROZIEYANAHAYU BINTI AB. RAHMAN)が、11月30日付で事業統括長(キャパシティ・ビルディング・クラスター及び観光交流クラスター担当)に着任しました。マレーシア政府より出向し着任したロズィヤナハユは、今後、日本とASEAN[1]諸国間の経済パートナーシップの更なる強化に向け、日本アセアンセンターの人材育成事業並びに日ASEAN間の観光促進と人物交流の拡充に係る事業の指揮統括を担います。

 マレーシア政府における16年以上のキャリアを持つロズィヤナハユは、マレーシア国際貿易産業省(MITI)のASEAN経済協力部の主席部長代理(2010年~2013年)、パハン地域事務所所長(2013年~2015年)として勤務した後、人事管理部門の上級主席部長代理の職を経て、現職に着任。日本の慶應義塾大学でメディアとガバナンスの修士号を取得し、マレー語と英語に加えて日本語を話します。

 センターの事業統括長への着任にあたり、ロズィヤナハユは、今後センターのキャパシティ・ビルディング事業を通して、日本とASEANの双方の利益をさらに拡大することに貢献するとともに、日ASEAN間の情報交換、ネットワーキング並びに協力を通じて、サブ・リージョンの観光協力を更に強化していきたいと意気込みを表しました。

新任のロズィヤナハユ・日本アセアンセンター事業統括長

 [1] ASEAN(東南アジア諸国連合)とは、1967年に結成された地域協力機構。加盟10カ国(ブルネイ・ダルサラーム、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)の総人口は6億5千万人を超える。

<<国際機関日本アセアンセンター>>

 正式名称:東南アジア諸国連合貿易投資観光促進センター

 ASEAN加盟国政府(10カ国)と日本政府により1981年に設立。

 貿易/投資/観光/人物交流の4分野を中心に、日本とASEAN諸国の関係促進に貢献する国際機関。

 URL: https:/ /www.asean.or.jp

<<本リリースに関するお問合せ先>>

 国際機関日本アセアンセンター 事務総長室

 東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル

 TEL 03-5402-8118

 FAX 03-5402-8003

 E-mail: info_to@asean.or.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ