PR

ニュース 経済

JR東京駅・日本橋・八重洲・京橋などのエリア41箇所にてアイカサ展開開始!日本経済を牽引してきた東京駅周辺エリアで、ビジネスパーソン・観光客に雨の日のおもてなしを届ける。

株式会社Nature Innovation Group

 東京駅周辺エリアでのまちづくりにおけるサービス向上及びおもてなしの一環として、JR東京駅でも本格導入となります。それに伴い、今後はJR各線での展開も検討してまいります。

 株式会社Nature Innovation Groupは街の各事業者と共に、東京駅エリアを利用する全ての方々に雨の日の『おもてなし』を届けるべく、令和元年12月9日より当エリアにて傘のシェアリングサービス「アイカサ」を開始することをお知らせします。 今回の展開により、JR東京駅の各出口、八重洲地下街、東京スクエアガーデン、日本橋高島屋S.C、日本橋三越本店、COREDO室町1など41スポットで傘を借りることが可能になります。

 進化し続けるまちづくり

 東京駅エリアを利用される全ての方々へ雨の日でも傘のいらない最高の『おもてなし』を届けたいという強い想いにより、当エリアでの展開が実現しました。

 今回の取り組みにより、駅ナカで傘を借りオフィスや各施設で傘を返却することが可能になるため、無駄に傘を買うことももしものために傘を持ち歩くこともなくなります。東京駅エリア一体を傘のいらないスマートシティに創り上げ、利用される方々に幸せなひと時を提供します。また年間8000万本消費されているビニール傘の使い捨てによる無駄な消費を減らし、SDGs12『責任ある消費と生産』の達成に街一体となって取り組んで参ります。

 傘のいらないエリアをアイカサにより実現することにより、エコで便利な都市として30年後を見据えた進化し続けるまちづくりに各事業者様と共に取り組んでまいります。

 東京駅オリジナル傘

【コンセプト】

 日本橋、八重洲、京橋、大手町、丸の内、有楽町、6つのエリアの実際の古地図をデザインとして採用し、訪れた方が傘を開いた際に、エリアの良さや楽しさを感じてもらえるようなデザインとしております。また、江戸の雰囲気が伝わるような色味を使い、街のどこで写真をとっても映えるようなデザインにしております。

【古地図について】

 約170年前の、嘉永2年~3年に職人の手で製作された古地図です。

 日本橋に店舗を構えているぶよお堂様より、古地図を提供して頂き制作しております。

【協賛】

 今回の古地図柄の傘は、東京ステーションシティ運営協議会と東京建物株式会社より、スポンサーとしてご協力を頂き制作しております。

 設置スポット一覧

 傘のシェアリングサービス「アイカサ」とは

 「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の傘のシェアリングサービスです。突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるのが特徴。現在は、渋谷や上野をはじめとした都内全域と、福岡市での展開を合わせて、スポット数約700箇所。登録ユーザー数は6万4千人弱を達成。傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし、「雨の日のプラットフォーム」としてのインフラを構築、完全に傘をシェアする社会の実現をミッションにしております。

 アイカサご利用方法

 アイカサご利用料金

 「アイカサ」公式サイトURL:https://i-kasa.com/

 「アイカサ」LINEアプリURL:https://line.me/R/ti/p/%40upu4224e

 本件に関するお問い合わせ先

株式会社Nature Innovation Group

 担当: 勝連

 MAIL: k.katsuren@i-kasa.com

 TEL: 080-6492-0960

 会社概要

株式会社Nature Innovation Group

 ■代表: 代表取締役 丸川照司

 ■会社ページ: https://i-kasa.com/

 ■住所: 東京渋谷区渋谷 3-26-16 第五叶ビル5F

 ■資本金: 非公開

 ■主な事業: 遊休スペースを活用した傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ