PR

ニュース 経済

世界初!伝説の生き物“セイレーン”の捕獲に成功!? サンシャイン水族館で生体展示  2020年1月23日(木)~3月8日(日)

株式会社サンシャインシティ

 お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏 とコラボ第4弾 サンシャイン水族館 ホラー水族館「海の妖女“セイレーン”~生きている恐怖~」

 -------------------

『サンシャイン水族館(東京・池袋、館長:丸山克志)は、2020年1月23日(木)~3月8日(日) に、伝説の生き物“セイレーン”の生体展示を行います。

 セイレーンは、海で出会うと、美しい姿と歌声で船乗りを惑わし、船を沈めてしまいます。昔から多くの国で言い伝えられてきた美しさと恐ろしさを併せ持つ幻想の生き物だと思われていました。しかし近年になって、たびたびその姿が目撃されるようになりました。

 そして今年、サンシャイン水族館は生きたままの捕獲に成功しました。けれどセイレーンは想像以上に恐ろしい生き物でした。この展示でも、何が起こるかわかりません……。』

 -------------------

 これは、「ホラー水族館第4弾」のプロローグ(物語はフィクション)です。2016年に開催した第1弾「呪いの水櫛」が水族館初となるホラーイベントとして話題を呼び、2017年は「あやかしの人魚」、2018年は「七人ミサキ」を実施。水族館での新しい恐怖体験が好評で、シリーズ合計で約6.5万人を動員しました。

 本企画は、お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏の全面プロデュースにより、水族館の特性を活かした視覚・聴覚で「恐怖」を体験できる新感覚の“ホラー水族館”です。

 今回は、伝説の生き物“セイレーン”をテーマに、新しい「怖さ」をお届けします。

 癒しの空間から一転、思わず鳥肌が立つ「恐怖」を楽しむ、今までにない水族館にご期待ください。

 五味弘文氏(お化け屋敷プロデューサー)プロフィール

 1992年、後楽園ゆうえんち(現 東京ドームシティ アトラクションズ)において、『麿赤兒のパノラマ怪奇館』を開催し、大きな反響を呼ぶ。

 以降、お化け屋敷にオリジナルの「ストーリー」を持ち込み、お客様に「ミッション」「役割」を担わせることでそのストーリーに参加させるスタイルを確立する。

 その後も、赤ん坊を抱いて歩く『赤ん坊地獄』、手錠に繋がれて歩く『LOVE CHAIN~恐怖の鎖地獄』、本物の廃屋を移築してお化け屋敷にした『東京近郊A市~呪われた家』、靴を脱いで体験する『足刈りの家』、死者と指切りをする『ゆびきりの家』など、様々な設定のお化け屋敷を作り続けている。

 2018年、東京ドームシティ アトラクションズに常設お化け屋敷「怨霊座敷」をオープン。

 著書に、『人はなぜ恐怖するのか?』(メディアファクトリー)、『お化け屋敷になぜ人は並ぶのか』(角川oneテーマ21)、小説『憑き歯~密七号の家』(幻冬舎文庫)がある。

 イベント概要

 イベント名:ホラー水族館「海の妖女“セイレーン”~生きている恐怖~」

 開催期間:2020年1月23日(木)~3月8日(日)

 営業時間:18:30~21:00

 ※金・土・日・祝日は22:00まで (最終入場は終了30分前)

 ※サンシャイン水族館の通常営業は18:00(最終入場17:00)までとなります。

 会場:サンシャイン水族館

 料金:大人ペア(高校生以上) 3,500円/大人(高校生以上)2,200円/こども(小・中学生)1,200円/幼児(4歳以上)700円

 ※こども、幼児料金の方は高校生以上の方の同伴の下ご入場ください。また、未就学児のご入場は同伴者の同意が必要です。

 ※12月19日(木)より前売り券を販売します。その他、チケット販売の詳細及び水族館年間パスポート会員様のご入場については、水族館ウェブサイトにてご案内いたします。

 ※本リリースPDFはこちらよりダウンロードいただけます→https://prtimes.jp/a/?f=d20364-20191206-9603.pdf

 ------------------------------------------------------------

 ■サンシャイン水族館 概要

 所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上

 問合せ先:サンシャイン水族館 03-3989-3466

 URL:https://sunshinecity.jp/

 ------------------------------------------------------------

 ※金額はすべて税込です。 ※内容が変更になる場合がございます。 ※物語はフィクションです。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ