PR

ニュース 経済

【トラベルコ】2019年11月の海外ツアー検索人気ランキングを発表!羽田からのLCC直行便就航でダナン人気が再燃!

株式会社オープンドア

 700以上の旅行サイトが多彩な旅行プランを掲載中の「トラベルコ」(https://www.tour.ne.jp/)を運営する株式会社オープンドア(東京都港区・代表取締役社長 関根大介)は、本サイトにおける2019年11月の海外ツアー検索人気ランキングTOP20及び人気急上昇の旅行先を発表いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■トラベルコ 海外ツアー

https://www.tour.ne.jp/w_tour/

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ トラベルコ海外ツアー 検索人気ランキングTOP20

 [ 1位] ソウル (韓国)

 [ 2位] 台北 (台湾)

 [ 3位] グアム (グアム)

 [ 4位] ホノルル (ハワイ)

 [ 5位] バンコク (タイ)

 [ 6位] バリ島 (インドネシア)

 [ 7位] セブ (フィリピン)

 [ 8位] シンガポール (シンガポール)

 [ 9位] 上海 (中国)

 [10位] 釜山 (韓国)

 [11位] ダナン (ベトナム)

 [12位] パリ (フランス)

 [13位] プーケット (タイ)

 [14位] ニューヨーク (アメリカ)

 [15位] ホーチミン (ベトナム)

 [16位] ロサンゼルス (アメリカ)

 [17位] ロンドン (イギリス)

 [18位] バルセロナ (スペイン)

 [19位] ケアンズ (オーストラリア)

 [20位] 香港 (香港)

 ※2019年11月1日~30日にトラベルコ海外ツアーの行き先として検索された回数を基に集計。

 11位のダナンは前年同月15位から4ランクの上昇。10月末にLCC(格安航空会社)のベトジェットエアが羽田-ダナン線の運航を開始したことで、都心に近い羽田空港からダナンへ直行便でのアクセスが可能となり、しかも旅行代金も安く抑えられるため、これまで以上に人気を集めています。香港はデモに巻き込まれた日本人の負傷が報じられた11月中旬から再び検索数が減少し、前月15位からさらに順位を下げて20位となりました。

 また、2018年11月の海外ツアー検索人気ランキングと比較した人気急上昇の旅行先は下記の通りです。前年同月46位から30位へと順位を上げたウラジオストクは、これまでのような旅行や経済の専門媒体だけでなく、女性ファッション誌で若い女性に非常に人気の高いモデルを起用した特集が組まれたこともあり、大きな注目を集めました。JAL、ANAによる成田発着便の就航を来春に控え、さらに秋には日系大手ホテルが進出するとの報道もあり、TOP20入りもそう遠くないかもしれません。

 前年同月87位から71位となった台南、同312位から93位と驚くほどの急上昇を見せたクック諸島のアイツタキ島は、いずれも人気のリゾート紹介番組で取り上げられた影響によるものです。

◆ トラベルコ海外ツアー 人気急上昇の旅行先

 [ 46位 → 30位] ウラジオストク (ロシア)

 [ 42位 → 32位] 高雄 (台湾)

 [ 67位 → 53位] ボラカイ島 (フィリピン)

 [ 77位 → 57位] パース (オーストラリア)

 [150位 → 69位] サン セバスティアン (スペイン)

 [ 87位 → 71位] 台南 (台湾)

 [ 91位 → 73位] 西安 (中国)

 [ 96位 → 76位] 仁川 (韓国)

 [312位 → 93位] アイツタキ島 (クック諸島)

 [107位 → 94位] オークランド (ニュージーランド)

 [173位 → 97位] 広州 (中国)

 ※2018年・2019年11月のトラベルコ海外ツアー検索人気ランキングを比較し、前年より10以上順位が上がり、100位以内にランクインしている都市。

 12月以降も引き続き、トラベルコ海外ツアー検索人気ランキングの発表を予定しております。

羽田からのLCC直行便就航で、ますます行きやすくなったダナン。

 ≪株式会社 オープンドア概要≫

 代表取締役社長:関根 大介(せきね だいすけ)

 創立:1997年4月21日

 資本金:6億4,829万円

 従業員数:165名(2019年10月現在)

 インターネットコンテンツの企画運営、ソフトウェア開発を行う。旅行比較サイト「トラベルコ」、多言語旅行比較サイト「Travelko」、日本の伝統工芸品紹介サイト「GALLERY JAPAN」等を運営。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ