PR

ニュース 経済

家族との生活体験ができる究極のモデルハウス、その一部を公開 リガード“モデルファミリー付きモデルハウス”ドキュメントムービーを公開

株式会社リガード

 注文住宅を手がける株式会社リガード(本社:東京都国分寺市、代表取締役:内藤 智明)は、このたび家族との暮らしを疑似体験できる、世界初(※1)のモデルファミリー付きモデルハウスに関して、2019年11月17日(日)“家族の日”に行った体験会の模様を収めたドキュメントムービーを本日12月9日よりWEB上(URL:https://tokyo-chumon.com/model-house)で公開いたします。※1:当社調べ

■モデルファミリー付きモデルハウスについて

 モデルファミリー付きモデルハウスは「より幸せな家族、よりよい人生を実現できる地域社会をつくる。」をビジョンとしてかかげるリガードが、設立から10年を迎えるにあたって企画した1日限定の体験プログラムです。生涯未婚率があがり、少子化が進む現代社会においては「マイホーム」が持つ意味が大きく変化しています。家を持つこと、そしてそこで暮らすことに対する新たな価値づくりが必要とされる中、家という“モノ”ではなく暮らしという“コト”を提供することを目指してきた当社として、住宅業界の枠を超えた新たな取り組みに挑戦したいと考え、このプログラムの開発に至りました。

 本企画は発表以降、当社の想定を超える大きな反響を呼び、定員に対して10倍以上のお申し込みを頂く結果となりました。11月17日に開催された体験会では、ご応募いただいた中から選ばれた5名の方にご来場いただき、国分寺市内のモデルハウス内で、3人家族の父親として妻と娘からなるモデルファミリーとともに約15分間のモデルファミリー付きモデルハウス体験をいただきました。

■体験者の声

 今回体験者として選ばれたのは、20代~40代の男性5名。実際に家づくりを検討されている方、疑似家族体験にご興味を持って来ていただいた方など様々な方にご来場いただき、いずれの体験者の方からも、体験終了後“非常に楽しかった” という感想をいただきました。また、体験後のアンケートには、5名中4名の方が “家族像に対する意識が変わった”、5名中3名の方は“マイホームに対する意識が変わった”という声をいただいております。

 さらに、理想の『モデルファミリー付きモデルハウス』を伺う質問に対しては、“大家族の家”や“家の中にビリヤード場があって友人同士で集まれる家”など様々なご意見があり、様々な視点での“理想の暮らし”について、意見をお寄せ頂く貴重な機会となりました。

■ドキュメントムービーに関して

 本日公開するドキュメントムービーは、体験者の方による実際の体験中の様子と、体験者視点で妻と娘の様子を撮影した視点カメラの映像を組み合わせたものです。家族とともにホームパーティーの準備をしたり、娘に宿題を教えたり、妻とバルコニーでくつろいだりするプログラムの一連の流れをご覧いただくことができます。定員を大幅に超えるお申し込みをいただいたことで、ご体験いただけなかった方やご興味を持っていただいた方に、体験の一部を感じて頂く機会になればと思っております。

 今回の企画を通じ、 “理想の暮らし”や“家族のあり方”について、様々な視点の多くの声をいただきました。本ムービーは、それらの声や体験者の方の感想などを通じてリガード自身が改めて学ばせていただいた視点を取り入れて制作しております。

 “理想の形は一つではなく、「家」にも「家族」にも100人いれば100通り、1000人いれば1000通りの理想がある。そして、お客様の理想に合わせた暮らしを提案できる「注文住宅」というソリューションを提供するリガードだからこそ、その理想に応え続ける必要がある”

 今回の反響を元に、リガードでは改めてその決意を持ち、今後も“多様化する理想の暮らし”に応えるべく、進化を続けてまいりたいと思います。

【モデルファミリー付きモデルハウス体験会の模様】

玄関をあけると娘がお出迎え
ホームパーティーの準備
宿題を教えてあげる
家の特徴を話し合う
バルコニーでくつろぐ
土間で工作を楽しむ

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ