PR

ニュース 経済

楠木建氏/前野隆司氏/吉野家はじめ外食・小売業界の事例講演! 人材不足・市場縮小する業界の難題を乗り越える「サービス業・小売業の成長戦略」 2020年1月28日(火)経営層向け無料セミナー開催

ClipLine株式会社

 サービス産業を動画で改善するクラウドOJTシステム「ClipLine(クリップライン)」を提供するClipLine株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋 勇人、以下「当社」)は、サービス業経営層向けセミナー「サービス業・小売業の成長戦略~人手不足・市場縮小する業界の難題を乗り越える戦略と組織能力~」を2020年1月28日に一橋講堂(東京・神保町)にて開催することをお知らせいたします。

■開催趣旨

 新規事業の模倣されるスピードが速くなり、業界内の競争は激しくなるばかりです。また、業界の垣根を越えた新規参入も増え、業界構造そのものが揺らぐ時代が来ています。一方で人材不足・政府主導の働き方改革・外国人労働者の受け入れ・テクノロジーの発達など、社会的・技術的な変化が大きくなるなか、企業が独自性を保つためのケイパビリティもアップデートする必要があります。こうした変化の激しい時代に、経営者はいかにして自らのビジョンを描き、それを実現できる戦略と組織を構築すればよいのでしょうか。

 本セミナーでは、「業界の難題を乗り越える」というテーマのもと、競争に勝ち抜くための戦略論、組織論について専門家に講演いただき、また実際に組織変革に挑戦し、ユニークなポジションを築かれている企業様からお話を伺い、競争に勝ち残るための成功のヒントをご提供いたします。

■登壇者紹介

基調講演:『戦略ストーリーのクリティカル・コア』

 一橋ビジネススクール 国際企業戦略専攻 教授 楠木 建 氏

 「ストーリーとしての競争戦略」の著者であり、企業が持続的な競争優位を構築する論理について研究されている楠木先生に、競争を勝ち抜くために必要な戦略や経営者の視点について講演いただきます。

主催者講演:『サービス業・小売業の次世代マネジメントへのアップデート』

 ~顧客価値・組織能力の拡張とコスト構造最適化を両立させる変革~

 ClipLine株式会社 代表取締役社長 高橋 勇人

 慢性的な人手不足時代に、いかにして顧客満足度に直結する価値・品質をアップデートしつつ、組織能力向上やコスト構造を実現するか。時代を勝ち残る最適な組織の在り方について、多店舗ビジネスを展開する様々な先進企業が取り組みつつある事例と財務インパクトを中心に紹介します。

キーセッション:『吉野家の店舗マネジメントインフラの刷新と業界課題に挑む3つの重点施策』

 積極的なIT投資やグローバル展開で外食業界をリードする吉野家ホールディングス。原材料費や人件費の上昇が利益率を圧迫する外食業界において、利益創出のために吉野家が取り組んでいる3つの重点施策~外国人教育、新商品の展開、客単価向上施策~について、その背景や現場への展開プロセスの詳細を伺います。また、各重点施策の実行支援の裏側で機能した直近数年のClipLineの活用と実行支援コンサルティングの役割についても具体的に伺います。

株式会社吉野家ホールディングス

 執行役員グループ財務経理本部 本部長 鵜澤 武雄 氏

 モデレータ ClipLine株式会社 取締役 金海 憲男

パネルディスカッション:『先進企業における組織変革の実践』~アパレル・多業態ビジネスにおける店舗マネジメント変革と効果~

 クラウドOJTサービスClipLineを導入いただき、組織変革を進める企業様より、導入エピソードを伺います。導入前の背景、期待した効果、導入した結果として起きた組織の変化についてお話いただきます。

株式会社ジーンス・カジュアルダン 代表取締役社長 中平 浩司 氏

 メンズインナー領域で国内トップシェアのグンゼ株式会社のグループ会社としてアパレル小売事業を牽引し、関西を中心に全国32店舗を運営しているカジュアル衣類専門店のジーンズ・カジュアルダン。同社代表の中平氏に、成熟したアパレル小売市場の中で、実店舗を持つ業態として収益性を確保するための同社の戦略や組織について伺います。

株式会社マルハンダイニング FC珈琲事業部 部長 鈴木 寛 氏

 パチンコ領域で業界1位の店舗数を誇る総合エンターテインメント企業である株式会社マルハンの子会社で、パチンコに併設される飲食店やコンビニなど多様な業態を569店舗運営しているマルハンダイニング。同社珈琲業態の「バンカレラ」をはじめ、優れたコスト構造を実現した同社の多業態・多店舗マネジメントの要諦を伺います。

モデレータ ClipLine株式会社 取締役 金海 憲男

特別講演:『従業員満足度から従業員幸福度へ 幸福学を取り入れる新しい経営マネジメント論』

 慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科教授 前野 隆司 氏

 経営資源のなかでも人的資源が特に重要なサービス業・小売業において、今後継続的に成長していくための手段として、最先端の「幸福学」にもとづく人材マネジメント・経営論と事例を、幸福学研究の第一人者である前野先生に講演いただきます。

■開催概要

 日時:2020年1月28日(火)13:00~18:00

 会場:一橋講堂

 〒103-0003 東京都千代田区一ツ橋 2-1-2 学術総合センター

 参加料:無料

 定員:400名 ※応募多数の場合は抽選となります

 対象者:経営者、役員、営業統括、営業推進、店舗統括、人事部門、教育研修責任者の方など

 セミナー詳細と申し込みはこちらから https://clipline.com/lp/seminar20200128.html

■ClipLineについて

 ClipLineはサービス産業の生産性を双方向動画で改善し、OJT改革へ導くサービスです。OJTを1対1ではなく、1対多人数へ拡張し、24時間いつでもどこでも新人がひとりでトレーニングできる環境を構築し、指導者の拘束時間を削減します。

 一橋大学の野中郁次郎名誉教授が提唱した「SECIモデル」を基本概念として開発され、現場のベストプラクティス(暗黙知)を形式知として全店舗に水平展開することが可能です。この仕組みは「映像音声クリップを利用した自律的学習システム」として特許を取得しています(特許第6140375号)。

 2014年10月にサービスを開始し、吉野家、日本ケンタッキー・フライドチキン、高島屋といった外食・小売企業の導入から始まり、現在では介護福祉・薬局・美容など幅広い分野で活用されるようになりました。財務効果実績として、基礎教育の均質化による顧客満足度向上を反映した売り上げアップ、離職率を3分の1に削減、新人教育の時間短縮などがあります。

 2019年10月末現在、約8,000店舗、17万人以上に利用されています。

▼ClipLineの詳細はこちらをご覧下さい

 サービス紹介サイト: https://clipline.com/service/

 サービス紹介動画: https://vimeo.com/107560372

■ClipLineのミッション

 「できる」をふやす

■ClipLine株式会社について

 代表者 :代表取締役社長 高橋 勇人

 設立  :2013年7月11日

 所在地 :〒108-0014 東京都港区芝4-13-3 PMO田町東5F

 資本金 :1億円(2019年8月末日時点)

 主要株主 :経営陣、インキュベイトファンド、株式会社INCJ(旧:株式会社産業革新機構)、株式会社アニヴェルセルHOLDINGS、キャナルベンチャーズ株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社、DBJキャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社 他

 企業URL :https://corp.clipline.com/

 事業内容 :「ClipLine(クリップライン)」の開発・運営、及び経営コンサルティング

■本件に関する報道関係者お問い合わせ

 ClipLine株式会社

 広報担当:井上

 TEL:03-6809-3305 Email: pr@clipline.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ