PR

ニュース 経済

街角景気、2カ月ぶり改善 増税反動減から戻り鈍く

 内閣府が9日発表した11月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比2・7ポイント上昇の39・4となり、2カ月ぶりに改善した。消費税増税後の反動減の影響は徐々に和らぎつつあるが、10・0ポイントの大幅下落だった10月からの戻りは鈍かった。

 基調判断は「このところ回復に弱い動きがみられる」で据え置いた。製造業や雇用関連の現場からは、台風19号の被害の影響が残ったほか、米中貿易摩擦を背景とする世界経済の減速で、変調を指摘する声もあった。

 指数を構成する項目別では、家計動向が4・6ポイント上昇の39・6だった。「駆け込みの反動も落ち着き、ほぼ前年水準まで回復している」(北関東の百貨店)という声があった一方で、「増税の影響で客単価がかなり下がり、厳しい状況」(九州のコンビニ)との声もあった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ