PR

ニュース 経済

建設業の働き方改革推進アプリ『SPIDERPLUS(R)』がスマートビルディング2019東京展に出展決定!!森ビル株式会社と実証実験中の事例を含めて公開!

株式会社レゴリス

 -スペシャルノベルティも配布します!-

 建設業の働き方改革推進アプリ『SPIDERPLUS(R)?』(スパイダープラス)を開発・販売する株式会社レゴリスは、12月11日(水)~12月13日(金)まで開催されるスマートビルディングEXPO2019東京展に出展することを発表いたします。本展示会では、ビル管理業務にて共同で実証実験を行っている森ビル株式会社の活用事例を展示会限定で解説いたします。詳しくは、プレスリリース本文をご確認ください。

 2019年12月3日

 株式会社レゴリス

  建設業の働き方改革推進アプリ『SPIDERPLUS(R)』が

 スマートビルディング東京2019に出展決定!!

 森ビル株式会社と実証実験中の事例を含めて公開!

 -スペシャルノベルティも配布します!-

 株式会社レゴリス(本社:東京都豊島区 代表取締役社長:伊藤 謙自、以下「レゴリス」)が開発・販売するSPIDERPLUS(R)(スパイダープラス)を12月11日(水)~12月13日(金)まで開催されるスマートビルディングEXPO2019東京展に出展することを発表いたします。

 デモ機を用いて実際にSPIDERPLUS(R)を触っていただきながら、営業担当が機能や実際の現場での使い方に関して説明いたします。また、本展示会では、共同で実証実験中の森ビル株式会社におけるSPIDERPLUS(R)?の使い方事例をスペシャルセミナーにてお伝えいたします。

 ◆働き方推進アプリSPIDERPLUS(R)?について

 現場・図面管理、情報共有アプリ『SPIDERPLUS(R)(スパイダープラス)』

 検査結果や電子黒板付写真、メモを建築図面にプロット、複数人での情報共有が簡単に行えます写真整理や帳票作成業務が不要になり、従来の現場管理業務の作業時間を大幅に削減できます。株式会社レゴリスでは、同アプリを開発・販売しており全国の建設業へ導入を進めることで、多くの企業の業務効率化に貢献しています。2019年11月現在、累計IDは28, 000IDを突破、契約社数も450社を超えてサブコンを中心に建設業の現場で多く愛用されています。

◆スマートビルディングEXPO レゴリスブースについて

 ◆開催日

 2019年 12月11(水)~12月13(金)

 ◆ブース場所

 東京都江東区青海1丁目2-33小間番号15-20

  ◆ブース内セミナーについて

 本展示会では、会場限定でしか聞けないブース内セミナーを複数回開催いたします。

 セミナースケジュールをご参照いただいた上で、建設業の今と課題、その解決策がわかるセミナーにご参加ください!

 ・10:40~10:55 ・15:40~15:55

 ・11:40~11:55 ・16:40~16:55

 ・13:40~13:55 ※●で表示している時間帯が特別セミナーの時間です

 ●14:40~14:55  時間帯は変更になる可能性がございます。

◆森ビル株式会社事例紹介セッションについて

 本イベントの目玉企画として、ビル管理業務にて実証実験を行っている森ビル株式社のSPIDERPLUSの活用事例を本展示会限定で解説します。

 ◆ノベルティプレゼント!!

 スマートビルディングではブース出展を記念して、ノベルティのバッテリーチャージャーを配布します。

※各日数量限定

 ◆条件

 ブースにて説明を聞いていただいた方

 ◆図面管理・情報共有ツール

 『SPIDERPLUS(R)(スパイダープラス) 』について

 図面管理・情報共有ツール『SPIDERPLUS(R)(スパイダープラス)』は、図面をタブレットで管理、情報共有が行える。また、電子黒板付写真も撮影ができ、現場にいながら写真整理やメモ作成が可能。作成された資料はパソコンで簡単に帳票を出力することができ、従来の現場管理業務の作業時間が大幅に削減が見込まれるアプリケーション。

 現在、全国450社、約28,000人以上が利用している。

◆森ビル株式会社について

 港区を中心に都市再開発を行う総合ディベロッパー。1959年の創業以来、アークヒルズ、六本木ヒルズ、虎ノ門ヒルズ等の大規模複合再開発を手掛ける。2023年竣工(予定)の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」では「Modern Urban Village」をコンセプトに、広大な中央広場を街の中心に据え、オフィス、住宅、ホテル、インターナショナルスクール、商業施設、文化施設などの多様な都市機能を高度に融合させた「ヒルズの未来形」が誕生する予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ