PR

ニュース 経済

アプリで注文、行列なしで買えます スタバが大阪・名古屋でも導入

 コーヒーチェーン大手「スターバックスコーヒー」で、スマートフォンなどのアプリから事前に商品を注文すれば、店頭で並ばずに商品を受け取れるサービス「モバイルオーダー&ペイ」が4日から、大阪市と名古屋市の一部店舗に導入される。すでに東京都内の一部店舗で6月にスタートしており、令和2年中に全国展開する予定だ。

 新サービスは、公式アプリから利用する店舗を選んで商品を注文し、アプリ上のプリペイド式会員カードを通して支払いを終える仕組み。画面に表示される出来上がり時間に合わせて店舗に行き、専用カウンターで商品を受け取る。4日に大阪市の27店、名古屋市の26店で導入され、東京も含め年内に300店以上で利用できるようになる。

 運営会社のスターバックスコーヒージャパンによると、従来は待ち時間を理由に「10人に1人が購入をあきらめていた」。また、キャラメルやバニラなどトッピングを追加しようとしても、「注文が難しかったり、レジで後ろの人のプレッシャーを感じたりして『いつもの』と頼んでしまう人もいた」(担当者)という。新サービスによる待ち時間解消や店内の混雑緩和を売り上げ増加につなげる狙いだ。

 サービスが導入されている都内の店舗では、ビジネスマンを中心に利用者が増加。通勤時に注文し、店頭で受け取ってから出社するといった利用が多いという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ