PR

ニュース 経済

次世代スパコン「富岳」の性能は京の100倍、使い勝手を重視

 スーパーコンピューターの富岳(ふがく)は前身の京(けい)と違って計算速度を追い求めるのではなく、利用者の使いやすさに重点を置いた設計で、社会に変革をもたらす科学研究の成果創出を狙う。

 富岳では9つの重点分野の研究に適したソフトウエアが、京の約100倍の速度で動く性能を目指す。京で1年かかる問題が数日で解けると期待される。重点分野には防災やエネルギー、産業競争力の強化などが選定され、広範囲の研究に使えるよう設計した。ビッグデータや人工知能(AI)など、重要度が増している分野にも対応する。

 米中などは、1秒間に京の約100倍に当たる100京回(京は1兆の1万倍)の計算ができるスパコンの開発にしのぎを削る。富岳は計算速度の世界ランキングで現在首位の米国機よりはるかに速いが、単純な計算では100京回に達しない。100京回級は来年にも中国が実現するとの見方もあり、富岳は世界一になれない可能性がある。

 ただ、富岳の目標は速度競争ではなく、多くの人が利用できるスパコンの実現だ。京は専用のプログラムを組む必要があったため、高い技術力を持つ大企業などに利用者が限られる傾向があった。この反省から、富岳は既存のソフトも使えるようにして門戸を広げ、利用者には研究そのものに注力してもらう狙いだ。

 京の100倍の性能を約3倍の消費電力で実現する省エネ性を目指しており、同じ演算装置を使った試作機は先月、スパコンの省エネ性で世界首位となった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ