PR

ニュース 経済

大手百貨店の11月売上高は全社減収 増税の反動減続く

 大手百貨店4社が2日発表した11月の既存店売上高(速報)は、消費税増税に伴う駆け込み需要の反動減が続き、全社が前年同月の実績を下回った。10月に比べて減少幅は小さくなったものの、各社とも前回増税2カ月後の平成26年5月とほぼ同様の落ち込みとなっており、影響は長期化しそうだ。

 軽減税率対象の食品は各社ほぼ前年並みか前年を上回っているが、その他の反動減が大きかった。中旬まで気温が高めに推移し、冬物衣料の売れ行きが悪かったことも響いた。

 大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは8・9%減、三越伊勢丹ホールディングス(HD)は7・3%減、そごう・西武は5・3%減、高島屋は4・2%減だった。「駆け込み需要が想定より大きく、反動減も大きくなっている」(三越伊勢丹HD)という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ