PR

ニュース 経済

頼りない上司にイライラ!?社会人の57%が上司は頼りにならないと回答!部下が頼りにする上司の特徴とは!?

べースメントアップス株式会社

 ベースメントアップス株式会社が「上司についての調査」を実施しました。

 【調査概要:仕事に関する意識調査】■調査日   :2019年11月19日 ~2019年11月26日■調査方法 :インターネット調査■調査人数 :132名■調査対象 :社会人

 ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、「頼りになる上司」について調査しました。

 上司が頼りになる存在だと、部下は安心して仕事に取り組むことができます。頼りになる上司の特徴としては、仕事が人一倍できる、部下の責任を取る、リーダーシップがあるなどが挙げられます。あの上司がいれば大丈夫、と思えるような人が職場にいれば部下は心強いでしょう。

 一方で、頼り上司も少なからずいます。例えば、自分の立場にあぐらをかき、部下を無下に扱う上司です。そのような上司は、部下に信頼されることもなく、ついていきたいとも思われません。

 それでは、部下たちはどの程度、上司を頼りにしているのでしょうか?

 そこで、『退職の前に読むサイト』https://taisyokuagent.com 編集部は、社会人を対象に「上司は頼りになる人ですか?」とアンケート調査を行いました。まずは、アンケート結果をご覧ください。

 【退職の前に読むサイトから引用:https://taisyokuagent.com/articles/590

 社会人を対象に、「上司は頼りになる人ですか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。

とても頼りになる:13%

 それなりに頼りになる:30%

 あまり頼りにならない:33%

 全く頼りにならない:24%

 あまり頼りにならない:33%

 あまり頼りにならないと回答した人は、全体の33%でした。上司が頼りにならないと部下が感じる瞬間の代表例が、責任逃れをすることです。上司が責任逃れをしていては、部下は安心して働くことができないので、気をつけましょう。

 それなりに頼りになる:30%

 それなりに頼りになると回答した人は、全体の30%でした。最低限の上司が取るべき行動をしていれば、部下は頼りにしてくれるでしょう。

 全く頼りにならない:24%

 全く頼りにならないと回答した人は、全体の24%でした。上司が全く頼りにならないと、部下は不安を抱えながら仕事をしなければいけません。部下に信頼されるような行動をとることが重要です。

 とても頼りになる:13%

 とても頼りになると回答した人は、全体の13%でした。上司がリーダーシップを発揮し部下をまとめるのは簡単なことではありません。しかし、部下と上司の間で信頼関係があれば、仕事を円滑に進めやすくなります。

 下記記事では、「頼りにならない上司の特徴」について詳しく説明しているので参考にしてみてください。

https://taisyokuagent.com/articles/590

 関連サイト

 ■ベースメントアップス株式会社:https://basementapps.tokyo

 ■お問い合わせ:https://basementapps.tokyo/contact

https://taisyokuagent.com

https://kagoshimahighball.jp

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ