PR

ニュース 経済

日本産ホップ復権へ クラフトビール人気で注目

 サッポロは、個性派ビール人気を受け、11月に北海道上富良野町の自社研究センターで品種開発した「フラノブラン」など4品種を使い、国産ホップ100%ビール4種の詰め合わせを通販限定で発売。商品開発を見据え、ホップ栽培委託の可能性も視野に入れる。

 装置と材料があれば年に何度も作れるビールは他の酒類に比べ参入障壁が低く、国内クラフト醸造所は昨年には300を超え、増加中だ。調達価格が海外産より数倍高いとも言われる国産ホップを使うことが付加価値として認知されていけば、日本産ホップの復権とともに、若者をビールに呼び戻す原動力となりそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ