PR

ニュース 経済

豚コレラ対策で衆院農林水産委が群馬県内を視察 生産者らと意見交換

豚コレラ対策で意見交換を行う衆議院農林水産委員会の委員と生産者ら=27日、玉村町(柳原一哉撮影) 
豚コレラ対策で意見交換を行う衆議院農林水産委員会の委員と生産者ら=27日、玉村町(柳原一哉撮影) 

 衆院農林水産委員会の吉野正芳委員長らが27日、豚コレラ(CSF)対策の取り組みを視察するため群馬県を訪れた。

 伊勢崎市にある畜産関係車両への消毒ポイントや県食肉卸売市場(玉村町)を視察し、蔓延(まんえん)防止のための衛生管理体制などを確認。同町内で地元の生産者や市場関係者らと意見交換会を開いた。

 群馬県内では既に豚コレラワクチンの接種が始まっているが、まだ接種が終わらない養豚農家も少なくなく、生産者からは「早く接種を進めてほしい」との切実な声が寄せられた。

 谷公一委員会理事は「(接種のスピードアップを図るには)他県から獣医師の力を借りる工夫も必要だ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ