PR

ニュース 経済

米中合意「最後の苦しみ」 大統領、香港問題牽制も

ホワイトハウスで記者会見するトランプ米大統領=26日(ロイター)
ホワイトハウスで記者会見するトランプ米大統領=26日(ロイター)

 トランプ米大統領は26日、米中貿易協議に関し「とても重要な取引で最後の苦しみを味わっている」と記者団に述べ、首脳間の「第1段階」合意に向け、詳細を詰めていると説明した。24日に行われた香港区議会選挙での民主派圧勝を受け、民主化の動きを尊重するよう中国をけん制した。

 トランプ氏は対中協議は「とても順調だ」と強調しつつ、香港問題も「同時にうまくいってほしい」と語った。香港を巡っては中国に人権問題で圧力を強める「香港人権・民主主義法案」が米議会で可決。トランプ氏が署名して成立するかどうかが注目されている。成立すれば、中国の反発は必至で、貿易協議に悪影響が出る恐れがある。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ