PR

ニュース 経済

日立化成売却、昭和電工と交渉 日立、社会インフラに集中

 日立製作所が子会社の化学メーカー、日立化成の有力な売却先として昭和電工と交渉していることが25日、分かった。日立製作所は経営資源をITや社会インフラに集中する方針を掲げており、日立化成との事業面の相乗効果は小さいと判断、売却の検討を進めてきた。

 日立化成は半導体やリチウムイオン電池向けの材料などを手掛けている。

 日立製作所は事業の選択と集中を進めており、今年に入って車載機器のクラリオンを売却する一方、自動車部品を手掛ける日立オートモティブシステムズをホンダ系の部品メーカーと合併させることを決めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ