PR

ニュース 経済

米中合意、来年に先送りも 第1段階、関税で溝

米国(手前)と中国の紙幣(ロイター)
米国(手前)と中国の紙幣(ロイター)

 ロイター通信は20日、米中両政府が貿易協議の「第1段階」合意を、来年に先送りする可能性があると報じた。11月中旬に両首脳による部分合意の署名を目指していたが、制裁関税の扱いを中心に溝が埋まらないためだ。香港情勢の緊迫化も協議を複雑にしている。米政権が次の制裁関税の発動を予定する12月15日までに合意できるかどうかが焦点となりそうだ。

 トランプ米大統領は20日、対中協議に関し「話し合いを続けている。中国は取引をしたがっている」と記者団に説明した。ホワイトハウス報道担当者も「合意内容の取りまとめ作業は進展している」とFOXビジネステレビに述べ、早期決着に意欲を示した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ