PR

ニュース 経済

ポルシェ初EV「タイカン」日本事前予約開始

ポルシェ初の電気自動車(EV)「タイカン」=20日、東京都渋谷区(今村義丈撮影)
ポルシェ初の電気自動車(EV)「タイカン」=20日、東京都渋谷区(今村義丈撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 独ポルシェの日本法人、ポルシェジャパン(東京都港区)は20日、ポルシェ初の電気自動車(EV)「タイカン」の事前予約を開始した。モーター2基搭載のハイパワーで、反応が速い電動ならではの加速性もスポーツカーとして生かしている。来年9月から納車予定という。

 「イノベーションと伝統、デザインと機能性を兼ね備えている。電動化されたポルシェの新たな魂だ」。東京都内での発表会で、今夏就任した日本法人のミヒャエル・キルシュ社長は強調した。

 外観は、伝統的な主力モデル「911」を思わせるデザイン。バッテリー配置などでより低重心に設計し、安定性を高めた。特徴は極めて高い加速性能。3モデルのうち最上位の「ターボS」なら静止時から時速100キロまで2・8秒で到達。さらに加速を20回以上繰り返しても、パワーが衰えないとしている。

 バッテリー電圧は一般的なEVの約2倍となる800ボルトで、最速なら30分間で80%までの急速充電ができる。1回の充電での航続距離は約400~460キロとなっている。

 先進安全装備もあり、前車追従、歩行者や自転車にも反応する衝突回避ブレーキ、車線維持などの機能を搭載した。デジタル化も推進し、メーターはフルデジタル式で、自動車として世界で初めて音楽配信サービス「アップルミュージック」を直接組み込んだ。

 製造時の環境負荷にも配慮。車体にリサイクル可能なアルミニウムを一部使用し、シートなどにはリサイクル繊維を使った。

 価格は日本では未定だが、ドイツでは10万5607ユーロ(約1267万円)からとなっている。

 キルシュ氏は会見で「タイカンはEVの新たなスタンダードを設定する、真のスポーツカー。日本のお客さまの心をつかめる」と自信を見せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ