PR

ニュース 経済

欧州の名画や浮世絵の色合いを鮮やかなマフラーで再現

その色調と質感で名画を表現したマフラー
その色調と質感で名画を表現したマフラー

 冬のコーディネートに欠かせないマフラー。防寒具としてはもちろん、アクセサリー感覚でたくさん揃えたくなるアイテムです。今回は、欧州の名画や浮世絵、障壁画の色合いを、日本有数の織物の産地である群馬県桐生市の職人によって表現されたマフラーをご紹介します。<産経ネットショップ>

 手掛けるのは群馬県桐生市に1968年設立したニットメーカー「大橋メリヤス」。日本に1台しかないという、ドイツ製の40年以上前の横メリヤス機を駆使し、まるで画家がパレットで色を調合するかのように、複数の色違いの色を撚りながら一本にした糸をゆっくり編むことで、名画の色調と柔らかい凹凸の筆タッチを表現しています。

 今回販売する商品は、ヨーロッパの歴史的名画のシックな色調や、日本の浮世絵、障壁画の鮮やかさをイメージした全5商品マフラーです。

 どの商品も男女を問わずに着用できる色合いで、4色の切替えの色調は、巻き方によって様々な表情を見せてくれます。またウールの含量を抑えた生地なので、秋口から春先まで長く着用可能です。重い印象になりがちな秋冬の装いを、軽快に演出してくれます。日本製ながら税込み7,700円と手に届きやすい価格でギフトにもおすすめです。

価格や仕様などの情報はすべて掲載時のものです。

産経netShop

グレンフィールド Amiza(編座) 日本製名画マフラー グレンフィールド Amiza(編座) 日本製名画マフラー

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ