PR

ニュース 経済

GAFAの一角崩せるか ヤフーLINE統合 国内では1億人経済圏、海外での勝機は

その他の写真を見る(1/2枚)

 ヤフーとLINEの統合で、国内会員1億人規模のIT企業が誕生する。ソフトバンクグループとして、国内で勢力を強める米国のグーグルやアマゾン・コムといった「GAFA」に対抗しつつ、アジアの成長をてこに海外市場にくさびを打ち込む、攻防一体の構えだ。ただ、巨大ITとの戦力差は圧倒的で、一角を崩すにはハイリスクハイリターンの戦略が続きそうだ。

 今回の統合で国内では圧倒的に優位に立つことができる。ヤフーは今月、衣料品ネット通販大手のZOZO(ゾゾ)の買収を完了。国内で圧倒的シェアを持つLINEの対話アプリを活用すれば、電子商取引(EC)の強化も加速する。両社が展開するスマホ決済事業は、それぞれのサービスを継続する見通しだが、システム運用などを共通化すれば、赤字続きの収支改善につながる。

 しかし、人口1億2千万人の日本市場では会員数の頭打ちは目に見えている。海外への足がかりをつくることができるかが、将来の成長を大きく左右する。

 ヤフーは米国企業との契約で海外事業を制限されている。一方、LINEはタイでの人気が高い。タイやインドネシアで銀行事業を開始する計画もあり、ヤフーにとっては、念願の海外進出の糸口を手に入れることになる。

 ソフトバンクはグーグルの親会社アルファベットと提携し、空飛ぶ携帯電話基地局の開発を進めている。無人飛行機に基地局を載せ、上空約20キロから電波を発信するもので、東南アジアなどでの利用を想定している。携帯電話事業で培った通信技術で巨大ITとの差別化を図ることができるかが海外展開のカギを握りそうだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ