PR

ニュース 経済

“フレディ・マーキュリーに似てる度”を判定するAI、Googleとクイーンが公開

 米Googleは11月14日(現地時間)、英ロックバンド「クイーン」のブライアン・メイとロジャー・テイラーと協力し、ユーザーが端末のカラオケでクイーンの曲を歌うと故フレディ・マーキュリーにどれだけ似ているかを判定するAI採用Webアプリ「FreddieMeter」を公開した。Android、iOS、デスクトップで使える。

FreddieMeter
FreddieMeter
その他の写真を見る(1/3枚)

 「ボヘミアン・ラプソディ」「ドント・ストップ・ミー・ナウ」「愛にすべてを(Somebody to Love)」「伝説のチャンピオン(We Are the Champions)」の4曲から1曲選んで歌詞が表示されるカラオケに合わせて端末のマイクに向かって歌い、「View Score」をタップすると判定が出る。判定項目は、音程、旋律、音質の3つで、総合的な“似てる度”が「72%Freddie」などというように表示される。

判定結果
判定結果
その他の写真を見る(2/3枚)

 FreddieMeterの機械学習による解析は端末内で行われるので、歌った音声データがGoogleのサーバに送られることはない。

 このWebアプリには、Google Researchが開発した機械学習モデル「SPICE: Self-supervised Pitch Estimation、自己管理ピッチ推定」が採用されている。音源からフレディの歌声を切り出し、それをデータとして教育した。技術的な説明は公式ブログを参照されたい。

 このWebアプリは、エイズで亡くなったフレディのためにブライアンとロジャー、マネジャーのジム・ビーチ氏が立ち上げたチャリティファンド「The Mercury Phoenix Trust」とGoogle Creative Lab、Google Research、YouTubeが協力して開発した。アプリにはファンドへの寄付ボタンが付いている。

 FreddieMeterはこちらで試せる。(ITmedia News)

SPICEモデルの概念図
SPICEモデルの概念図
その他の写真を見る(3/3枚)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ