PR

ニュース 経済

増税対策のプレミアム商品券、低所得者の申請は3割台半ば

経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(左手前から3人目)=13日午後、首相官邸(春名中撮影)
経済財政諮問会議で発言する安倍晋三首相(左手前から3人目)=13日午後、首相官邸(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 内閣府は13日、政府の経済財政諮問会議で、消費税増税への対策として10月に始めたプレミアム付き商品券事業の進捗(しんちょく)状況を初めて公表した。同事業の対象は子育て世帯と住民税非課税の低所得者だが、低所得者で購入を申請した人の数は10月25日時点で約714万人。内閣府は対象となる低所得者の数を2100万人程度と見積もっており、購入申請した人は3割台半ばにとどまっている形だ。

 子育て世帯の場合は自宅に商品券の購入引換券が届くが、低所得者は居住する市区町村に事前に申請する必要がある。内閣府が諮問会議に提出した資料によると、低所得者で申請を済ませた人は約714万人、子育て世帯の対象者数は約323万人で、合計約1036万人。想定対象者(2450万人)の42%だった。

 現時点での利用可能店舗数は全国で約50万店に達した。政府は、自治体と連携して同事業の周知に注力していきたいとしている。

 一方、同じく増税対策の柱の一つであるキャッシュレス決済のポイント還元では、還元額が1日当たり平均11億5千万円に達した。諮問会議では、高齢者でもキャッシュレス決済が増えている一方、決済端末が店舗に届かないなどのヒアリング結果が紹介された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ