PR

ニュース 経済

イラン「油田発見」 埋蔵量世界3位の可能性

 10日、イラン中部ヤズドで演説するロウハニ大統領(イラン大統領府提供、ロイター)
 10日、イラン中部ヤズドで演説するロウハニ大統領(イラン大統領府提供、ロイター)

 イランのザンギャネ石油相は11日、南西部フゼスタンで新たな油田が見つかり、埋蔵量が220億バレル上積みされるとの見通しを述べた。国営イラン通信(電子版)が伝えた。英石油大手BPの統計では、イランの原油確認埋蔵量は現在1556億バレルで世界4位。カナダを抜いてベネズエラ、サウジアラビアに次いで3位になる可能性が出てきた。

 ロウハニ大統領は10日の演説で、「イランは豊かな国で、技術者は制裁の中でも新たな油田を発見したことを米国は知るべきだ」と述べ、米国への対抗意識を示していた。新たに発見された油田の埋蔵量は530億バレルで、ザンギャネ氏はこのうち310億バレルはすでに確認されていたとの見方を示した。(カイロ 佐藤貴生)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ