PR

ニュース 経済

中国輸入博「7兆円」成約 ただし金額通りの購入は少なく

10日、上海で閉幕した「中国国際輸入博覧会」の会場。マイクロソフトなど米国企業も多数出展していた(共同)
10日、上海で閉幕した「中国国際輸入博覧会」の会場。マイクロソフトなど米国企業も多数出展していた(共同)

 中国上海市で5日から開かれていた2回目の「中国国際輸入博覧会」が10日閉幕し、当局は「(中国企業による外国製品やサービスの)今後1年間の購入見込み額が711億ドル(約7兆7700億円)に上った」と発表した。昨年行われた初回の成約額より23%増加したという。

 輸入博は習近平国家主席が中国市場の開放と購買力を強調するため提唱したイベント。

 関係者によると、中国政府は国有企業や地方政府に成約ノルマを課した。締結された多くの覚書は拘束力がなく、成約通りの金額で購入するケースは多くないという。一部の出展企業からは不満の声が上がっている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ