PR

ニュース 経済

ガソリン価格4週ぶりに値上がり、灯油は横ばい

 経済産業省が7日発表した、5日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、10月28日時点の前回調査と比べて20銭高い146円70銭で、4週ぶりの値上がりとなった。灯油は18リットル当たり(一般的なタンク1個分)で、前週と同じ1650円で、4週ぶりに値下がりが止まった。

 調査した石油情報センターによると、石油元売りの卸価格は、この数週間は上昇傾向にあった。しかし、需要減少傾向の中で、ガソリンスタンドなどではなかなか小売価格に転嫁しにくい状況が続き、卸価格の上昇に対し、小売価格の上昇は遅れが出ていた。今回、ガソリン価格が小幅上昇となり、来週も小幅上昇が続くとみられている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ