PR

ニュース 経済

経団連 デジタル社会の課題探る会議の初会合 来夏にも検討結果

経団連が開催したデジタルトランスフォーメーション会議の初会合ではデジタル社会の成長戦略や課題を議論した=左前列の手前から3人目が中西宏明会長
経団連が開催したデジタルトランスフォーメーション会議の初会合ではデジタル社会の成長戦略や課題を議論した=左前列の手前から3人目が中西宏明会長

 経団連は6日、新設したデジタル時代の課題を議論する「デジタルトランスフォーメーション会議」の初会合を開いた。企業のデータ収集の在り方やデータの有効活用策などについて意見を交わし、来年夏をめどに検討結果を取りまとめる。

 中西宏明会長は冒頭、日本の競争力を高めるには、「国内では新しい業界や経済を作っていく発想を持ち、アジアなどでデジタルを引っ張っている人たちと協業し経済成長に結びつけたい」とあいさつ。その上で、「個別の業界の利益代表が集まって話し合うのではなく、(課題を)横断的に捉える必要がある」と述べた。検討結果を日本経済の成長につなげたい考えだ。

 また、金融とITが融合したフィンテックの台頭で、既存の金融機関やベンチャーなど業界の垣根が崩れつつある。中西氏は「簡単ではないが、企業自身がどう変われるかだ」と話し、異業種との連携や再編も視野に産業構造改革へ積極的に取り組むべきだとの考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ