PR

ニュース 経済

ラグビーW杯商戦、“驚き”の盛り上がり

 2日に閉幕したラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は、日本代表が初の8強入りを実現し、国内にラグビー人気を巻き起こした。W杯や日本代表を応援してきた企業からは予想以上の盛り上がりに驚きの声が上がっており、このブームを今後の事業に生かしていきたい考えだ。

 W杯スポンサーのキヤノンは、大会期間中、「自由視点映像生成システム」の実証実験を行った。

 横浜国際総合競技場の2階席の柱上部にスタジアムを囲むように125台の高解像度カメラを設置し、選手の動きをあらゆる角度から撮影。撮影データは会場そばに駐車するトラック内の大型コンピューター2台で画像処理され、試合終了後の1時間以内に、選手の真横といった既存のテレビカメラでは撮影できない視点からの動画がメディア側へ提供された。

 自由視点映像の動画は大会の公式ツイッターなどでも紹介され、同社の特設サイトには国内外から約27万件のアクセスがあった。イメージソリューション事業本部上席の伊達厚氏は「スタジアムの規模で一定の画質レベルを実現できているのはキヤノンだけ。他の競技団体からも利用の問い合わせがうれしいほど来ている」と語る。

 同じくスポンサーのオランダのビール「ハイネケン」は、国内で製造・販売するキリンビールによると、9月の販売量が前年同月比で3・4倍と急増。横浜国際総合競技場そばの英国風パブ「ハブ」新横浜店では、試合開催時のハイネケンなどのビール販売量が通常の10倍にも上った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ