PR

ニュース 経済

黒田日銀総裁、「政策を変更する状況ではない」

 日銀は先月31日の金融政策決定会合で、緩和策を据え置きつつ、政策方針を修正して利下げに前向きな姿勢を示した。一部では為替相場が円高ドル安に振れないよう牽(けん)制(せい)する「口先緩和」との見方があるが、黒田氏は5日の講演で「政策金利について、下方バイアス(偏り)があることを明確にした」と説明した。

 こうした日銀の姿勢について、市場では株高などを踏まえ、「現状の政策維持で乗り切れると判断している」(農林中金総合研究所の南武志主席研究員)との見方が強い。もっとも、消費税増税や10月の台風被害の影響で国内景気が下押しされ、物価上昇のモメンタム(勢い)に影響が及べば「マイナス金利の深掘りを実施してもおかしくない」(南氏)との声もある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ