PR

ニュース 経済

スズキ、10年ぶり減収減益 右肩上がりの成長に“異変” 9月中間期

 スズキが5日に発表した令和元年9月中間連結決算は、売上高が9・0%減の1兆7554億円、本業のもうけを示す営業利益が40・2%減の1186億円、最終利益は41・8%減の793億円だった。最終利益ベースで上期の減収減益は10年ぶり。

 スズキはシェア首位を誇るインドでの販売が牽引(けんいん)して右肩上がりの成長が続いていた。

 鈴木俊宏社長は決算会見でインド市場について、「昨年10月以降、台風や選挙でなかなか売れない。(政府の)刺激策が取られると期待していたが、明確なものはなかった。1年で回復するのか、読みづらい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ