PR

ニュース 経済

米ゼロックスの買収断念 富士フイルム、交渉難航 合弁会社を完全子会社化

記者会見する富士フイルムホールディングスの古森重隆会長=5日午後、東京都千代田区
記者会見する富士フイルムホールディングスの古森重隆会長=5日午後、東京都千代田区

 富士フイルムホールディングスは5日、事務機器大手の米ゼロックスとの合弁会社である富士ゼロックスの25%の株式をゼロックスから買い取り、富士ゼロックスを完全子会社化すると発表した。富士フイルムは、交渉が難航し膠着(こうちゃく)状態になっていた米ゼロックスの買収を断念する。

 米ゼロックスが保有する富士ゼロックスの25%の株式などを総額23億ドル(約2530億円)で買い取る。5日に契約を締結しており、11月中の取引完了を予定している。富士フイルムは、取引完了を条件に米ゼロックスに対して提起した損害賠償訴訟を取り下げる。

 富士ゼロックスは米ゼロックスへの製品供給を継続するが、欧米市場でほかの企業にも商品を供給することで、収益力を高めたい考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ