PR

ニュース 経済

Microsoft Officeのモバイル版プレビュー公開 Word、Excel、PowerPointを1つにまとめた高機能アプリ

 米Microsoftは11月4日(現地時間)、フロリダ州オーランドで開催の年次テクニカルカンファレンス「Microsoft Ignite 2019」で、新しいモバイル向けOfficeアプリを発表した。AndroidおよびiPhoneのパブリックプレビュー版を公開したが、米AppleのTestFlightで公開したiPhone版はすぐに上限である1万ユーザーに達してしまい、現在はダウンロードできない。Android版は上限がない。

左から、ホーム画面、表組みの画像をExcelファイルに変換する機能、PDFへのサイン機能
左から、ホーム画面、表組みの画像をExcelファイルに変換する機能、PDFへのサイン機能
その他の写真を見る(1/2枚)

 最大の特徴は、Word、Excel、PowerPointを1つのアプリにまとめた点だ。従来のモバイル版Officeは、各アプリをそれぞれダウンロードする必要があった。

 新Officeは、Word、Excel、PowerPointを1つに統合し、これまでのモバイル機能はすべて使える。クラウドやデバイスに保存してあるファイルにアクセスでき、付箋にリマインダーや覚え書きをメモすることも可能だ。

 モバイルならではの機能として、デバイスのカメラで撮影したテキストをWordファイルに、表組みをExcelファイルに変換できる。写真やドキュメントからPDFを作成したり、指でPDFに署名したり、QRコードのスキャンでファイルやリンクを開くことも可能だ。

Android向けプレビュー版は入手可能
Android向けプレビュー版は入手可能
その他の写真を見る(2/2枚)

 新しいOfficeアプリは、韓国Samsung Electornicsとの提携で一足先にGalaxyの新モデルにプリインストールされていたが、これを他のAndroid端末やiPhoneでも利用できるようにする。将来的にはタブレットにも対応させる計画だ。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ