PR

ニュース 経済

あのPhotoshopがカメラアプリになった! 「Adobe Photoshop Camera」登場

 Adobeは11月4日に米ロサンゼルスで開催したクリエイター向けイベント「Adobe MAX 2019」で、iOS、Android向けのカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」を発表する。キーノートで同社のエグゼクティブバイスプレジデント兼CTOのアベイ・パラスニスが紹介予定だ。アプリの提供は2020年を予定している。

2020年に登場予定のカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」
2020年に登場予定のカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」

 Photoshop Cameraはその名の通り、Photoshopの強力な写真加工技術の一部を組み込んだカメラアプリ。同社のAIプラットフォーム「Adobe Sensei」を用いて、ポートレート、風景、自撮り、食べ物といったシーンごとに、最適なダイナミックレンジや色調に調整する。オリジナルの撮影写真を保持しつつ、AIが膨大なデータをもとに導き出したベストな仕上がりに補正。もちろん好みもあるので、この仕上がりは複数のパターンから選べるようになっている。

 さらにユニークなのが、「レンズ」と呼ばれるエフェクトを加えて写真を加工できる機能。カメラで捉えたシーンにリアルタイムでエフェクトを加えて、そのまま撮影できる。写真の一部を切り抜いて背景にアニメーションと合成するといった複雑なエフェクトが、レンズを選ぶだけの手軽さで楽しめるのが特徴。

 レンズは標準搭載されているものの他、有名アーティストやインフルエンサーが作成したものも多数提供される予定。米国で人気急上昇中の17歳の女性歌手、ビリー・アイリッシュともコラボレーションし、彼女の歌やミュージックビデオにインスパイアされた、限定レンズも用意されるという。なお、これらのレンズはアプリ内から専用のインデックスにアクセスし、ダウンロードする仕組みになるようだ。

 写真をリアルタイムに加工できるアプリには、ARを用いたものなどさまざまな種類があるが、膨大なトランザクションデータをもとに学習した「Adobe Sensei」を用いて、より複雑なエフェクトを実現するPhotoshop Cameraは、それらの強力なライバルとなるはず。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ