PR

ニュース 経済

日立、ホンダ車部品合併へ 傘下4社、競争力強化 EV、自動運転にらみ

ホンダのロゴ=東京都江東区の東京モーターショー(佐藤徳昭撮影)
ホンダのロゴ=東京都江東区の東京モーターショー(佐藤徳昭撮影)

 日立製作所とホンダが、それぞれの傘下の自動車部品メーカー計4社を合併させる方針であることが30日、分かった。電気自動車(EV)や自動運転など次世代技術の開発競争が激化する中、規模拡大によって競争力を強化するのが狙い。同日午後にも発表する見通しだ。

 合併するのは、日立の子会社「日立オートモティブシステムズ」と、ホンダが筆頭株主であるケーヒン、ショーワ、日信工業。4社の平成31(2019)年3月期の売上高を単純合計すると1兆7964億円になり、国内有数の規模の自動車部品メーカーとなる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ