PR

ニュース 経済

麻生財務相「都が主催だろ?」 東京五輪マラソンの追加費用で国負担を牽制

閣議に臨む、麻生太郎副総理兼財務相(右)=29日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む、麻生太郎副総理兼財務相(右)=29日午前、首相官邸(春名中撮影)

 2020年東京五輪の暑さ対策としてマラソンと競歩の開催地を札幌市に変更する計画をめぐり、麻生太郎財務相は29日の記者会見で、国が費用を負担する可能性について「ぜんぜん聞いてないから、分からん」とした上で、「五輪は東京都が主催だろ?違うのか?それ以上は答えようがない」と指摘した。

 都議会最大会派の都民ファーストの会は、札幌開催に伴う追加経費を340億円以上と試算している。

 小池百合子知事は、大会組織委員会側から「国が持つ」と聞いたと説明しているが、組織委側は否定。札幌市は「常設以外は負担しない」との姿勢を示しており、開催地変更に伴う費用をどこが負担するかは明確になっていない。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ