PR

ニュース 経済

ボタン一つで顔が変わる“変なクルマ” スズキの「WAKUスポ」 東京モーターショー

スズキが公開した「WAKUスポ」=23日、東京都江東区(出口賢太郎撮影)
スズキが公開した「WAKUスポ」=23日、東京都江東区(出口賢太郎撮影)

 自動車メーカー各社が最新技術を競う東京モーターショーが23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)などでの24日の開幕に先立ち、報道陣に公開された。 スズキが参考出品するプラグインハイブリット車「WAKUスポ(ワクスポ)」は、スイッチを押すと車の顔とも言えるフロントマスクや車体の形状、インテリア表示コンテンツが切り替わる。

 フロントマスクは電子パネルで2種類。車体の形はクーペとワゴンで、ワゴンでは室内空間も広がる。車内インテリアは木目調の標準モードと、大型モニターに車両情報を表示するスポーツモードがある。

 プラグインハイブリット車は、充電されているときは電気自動車(EV)として走るが、航続距離は100キロ。スズキは「日常生活で使うには十分な性能だ」と強調する。

 報道陣向けの説明会で、鈴木俊宏社長は「車を変化させる、未来の小さな車」と話した。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ